1366 Technologies社とハンファQセルズがダイレクト・
ウェハー技術™の開発と製品化に向けて
戦略パートナーシップを形成
  • - 高パフォーマンスで低コストな太陽光発電製品の国際的な需要に応えるための
    共同ミッションを反映したパートナーシップ

1366 TechとハンファQセルズのチーム。
ハンファQセルズは、米国拠点のダイレクト・ウェハー販売会社1366 Technologiesと共同で取り組みを展開しています。


[マサチューセッツ州 ベッドフォード、ドイツ タルハイム, 2015年3月5日] 1366 Technologies社とハンファQセルズ(NASDAQ:HQCL)は、大幅なコスト削減に取り組む中、ソーラーセルの効率性と品質において共に優位性を確保するため、長期的戦略パートナーシップを結んだことを、今日発表しました。両社は、1366が商標権をもつダイレクト・ウェハー™技術の共同開発を進め、それをハンファQセルズ製ソーラーセルに応用し、
製品化を目指します。

ダイレクト・ウェハー™技術の製品化の成功とともに、両社はパートナーシップのさらなる拡大を見込んでいます。さらに、1366からハンファQセルズの製造設備へのダイレクト・ウェハー™供給の可能性も
検討しています。

「ハンファQセルズのミッションは、太陽光発電技術の最前線に立ち、それを大量生産できる能力へとすばやく変換することです」と、ハンファQセルズの南晟宇(ナム・ソンウ)最高経営責任者は話しました。「1366のダイレクト・ウェハー™技術は最高のイノベーションです。私たちは、大幅なコスト削減と品質改善を実現するための製品化への可能性を強く感じています」

「セルパフォーマンスを高め、太陽光発電製品コストを操作する私たちの技術力のポテンシャルをハンファQセルズは認識しており、それは私たちにとって強力な後押しとなります」と、1366 Technologiesのフランク・ヴァン・ミエーロ最高経営責任者は話しました。さらに、「ハンファQセルズはイノベーションや品質において世界に広く知られる企業であり、業界でも多くの技術基準を定めています。国際的なソーラー革命の中心に立つ企業とリソースを共有する(確認要)、これ以上に光栄なことはありません。理想的な合意だと思います」と、
続けました。

1366 Technologiesのダイレクト・ウェハー™は、現在採用されている多工程かつエネルギーや資本集約型のプロセスに代わり、溶融シリコンから直接多結晶ウェハーを形成します。その結果、均一でよりよい品質のウェハーとなり、さらに半分のコストで製造が可能です。さらにこの技術には、太陽光発電市場の60パーセントにおいて「ドロップイン型」の交換が可能という大きなメリットがあり、新しい機器の導入なしに技術を迅速に応用し、セルやパネル製造をシームレスに進めることができます。

1366 Technologiesは、当初の計画通り、米国の250MW商業施設の建設を手がける予定です。建設の開始は、2015年第3四半期を見込んでいます。現在までに、当社を含む個人投資家から6400万ドルに及ぶ資金を集めましたが、その中には2010年の第二期資本調達に参加したハンファグループも含まれています。

詳細情報:

Corporate Communications
Jochen Endle, Robert Reinsch
電話: +49 (0)3494 6699 10121
Eメール: presse@q-cells.com

1366 Technologies
Laureen Sanderson
for 1366 Technologies
電話: (617) 694-7336
Eメール: lsanderson@tieronepr.com

ハンファQセルズ

ハンファグループの2つの太陽光関連企業が合併し、2015 年2 月にハンファQセルズ(Hanwha Q CELLS、NASDAQ:HQCL)を発足。「Engineered in Germany」のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社の先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、ドイツにあり、セル生産能力は3.28GWで世界ナンバーワンである(2015 年2 月現在)。太陽光モジュール、システム開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など、太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/jp

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

1366 Technologiesについて

1366 Technologiesは、石炭価格での太陽エネルギー供給を目指します。また、革新技術イノベーションとリーン生産方式を掛け合わせ、ソラーセルの建設ブロックとなるシリコンウェハーの新しいクラスを従来より低コストで製造しています。科学者、エンジニア、事業家からなるベテランチームにより発展を遂げており、当社の斬新なアプローチは、太陽光発電の歴史に残る効率性とコストの釣り合いを実現させています。
1366 Technologies本社は、マサチューセッツ州ベッドフォードに位置しています。
詳細情報: www.1366tech.com

セーフハーバーポリシー

このプレスリリースは、改定された米国1933年証券法第27条Aおよび改定された米国1934年証券取引所法第21条Eの意味で、米国1995年民事証券訴訟改革法に定義される、「将来予想に関する記述」に該当します。将来予想に関する記述は、「だろう」、「期待する」、「予想する」、「将来」、「意図する」、「計画する」、「考えられる」、「見積もる」などの語句や、類似の記述により特定できます。また、このプレスリリースでの管理部門の発言や企業運営やビジネス展望にも、将来予想に関する記述が含まれます。これらの記述は、実際の結果が将来予想に関する記述に記載された内容と大幅に異なる可能性のある、一定のリスク及び不確実性を含んでいます。詳細については、米国証券取引委員会に提出済みのハンファソーラーワンの報告書(様式20-Fの年次報告書を含む)をご参照ください。当社は、新たな情報、将来の事象、またはその他の結果に関わらず、法的な要求がない限り、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

Back to top