ハンファケミカル、KAISTと共に未来の化学源泉技術を開発
  • - <KAIST-ハンファケミカル未来技術研究所>設立、韓国石化メーカー初
  • - 革新的化学物質および工程技術の共同開発。特許は、50対50共同所有
Hanwha General Chemical

KAISTのカン・ソンモ総長(左)とハンファケミカルのキム・チャンボム代表取締役(右)は、未来研究所の設立に関する協約を締結した。


[2015年 11月 2日] ハンファケミカル(代表取締役・キム・チャンボム(金昌範))がカイスト(KAIST、韓国化学技術院)と連係し、革新的な未来の化学源泉技術の確保に取り組む。

カイスト(KAIST、Korea Advanced Institute of Science and Technology)は、韓国の理工系研究中心の大学である。2015-2016年度のQS世界大学ランキングでは総合順位43位、アジア3位にランクされた韓国有数の科学技術研究院第1号である。

ハンファケミカルは、2日KAISTにてキム・チャンボム代表取締役とKAISTのカン・ソンモ学長をはじめとする関係者ら10人が参加する中、「KAIST-ハンファケミカル未来技術研究所」を設立するMOUを締結した。韓国の石油化学メーカーがKAISTと共同で研究所を設立するのは、初めてのことである。

ハンファケミカルは、未来技術研究所を来年の1月から2020年まで、5年間運営する方針だ。主な研究課題は、次世代石油化学物質の源泉技術及び製造技術の開発、革新的に省エネが可能な高純度精製工程の開発など、高い事業性とグローバルマーケットにおける競争力を確保することできる技術開発に注力する。

研究には、国際学術誌「ネイチャーバイオテクノロジー(Nature Biotechnology)」が発表した2014年世界最高応用生命科学者20人に選ばれたイ・サンヨップ特任教授、「2015世界化学大会」で女性化学者賞を受賞したイ・ヒョンジュ教授など、生命化学工学科の教授が参加する。

研究所が開発した新技術の特許は、50:50の持分でハンファケミカルとKAISTが共同所有することになる。また、研究所が開発した技術で商業生産を行う場合、ハンファケミカルは利潤の一部をKAISTと共有する。このほかにも、5年間研究課題に取り組む15人のKAIST博士課程の学生を産学奨学生として選抜、奨学金を支援する方針だ。

ハンファケミカルは、この研究所の設立により、韓国石油化学業界のグローバル競争力が高められることを期待している。汎用製品中心の韓国石油化学産業が、石油価格の下落、シェールガスの開発、グローバル景気低迷など様々な対外リスクを乗り越えるためには、未来型源泉技術の確保が重要であるからだ。

ハンファケミカルのキム・チャンボム代表取締役は、「一般的な産学協力の枠組みを越えた、研究所の共同運営という方式に意義があり、相互技術共有により、革新的な成果を創出し、産学協力の新たな道しるべになることを目指す」と強調した。

研究責任者であるKAISTのイ・サンヨップ教授は、「ハンファケミカルとの協力をもとに、KAISTの優れたR&D能力を集中させ、グローバル競争力のある独自の中核技術を開発したい」と述べた。

ハンファケミカル中央研究所は、1979年にデドク研究団地に設立され、石油化学や太陽光、炭素ナノ分野など、ハンファグループの新成長エンジン分野の研究により、新製品および新技術の開発をリードしている。

ハンファケミカル

ハンファケミカル(Hanwha Chemica)lは、韓国で初めてポリ塩化ビニル(PVC)や低密度ポリエチレン(LDPE)、クロールアルカリを製造した企業です。1965年の設立以来、石油化学の基本製品を製造し、半世紀に渡りさまざまな産業の基盤として展開してきました。ハンファケミカルは、韓国化学業界の成長を牽引し、世界市場で高まる需要に応えるため戦略投資を増やしています。

詳細情報: hcc.hanwha.co.kr/eng/index_eng.jsp

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

Back to top