ハンファホテルアンドリゾート
㈱ ザ・プラザマリオット・インターナショナルの
「オートグラフ・コレクション」と戦略的提携結ぶ
  • - マリオット・インターナショナルのラグジュアリ・ライフスタイル・ブランドの
    オートグラフ・コレクション、韓国へ初進出


[ソウル、 2015年9月17日] ハンファホテルアンドリゾート(代表・沈京燮、シム・キョンソップ)のホテル部門、ザ・プラザ(www.hoteltheplaza.com)は、韓国に初めて進出するラグジュアリ・ライフスタイル・ブランドである「オートグラフ・コレクション(AUTOGRAPH COLLECTION)」と9月17日に戦略的提携を結び、2016年1月から本格的に海外マーケットへの進出を図る。

この締結式は、ハンファホテルアンドリゾートの沈京燮代表取締役をはじめ、マリオット・インターナショナルのアジア太平洋地域・統括社長であるクレイグ・スミス(Craig Smith)氏や関連会社の役員らが参加し行われた。 ザ・プラザは、この提携を通じて、40年間大韓民国の中心地ソウルで特級ホテルを運営してきたノウハウに、フランチャイズブランドの長所をプラスして、さらに高級感を高めたホテルを披露する方針である。

今回、ザ・プラザと戦略的提携を結んだ世界的なホテルグループであるマリオット・インターナショナルのラグジュアリ・ライフスタイル・ブランドである「オートグラフ・コレクション」は、ホテルの施設やサービスはもとより、ホテルが立地している国や地域の文化、芸術、デザインなどあらゆる部分を厳しく検討し、ブランド導入を決めることで有名だ。ザ・プラザは周辺に徳寿宮(ドクスグン)、景福宮(キョンボックン)、崇礼門(スンレムン)など主要伝統文化財がある600年の歴史を誇るソウルの中心部にあり、ソウルの歴史と文化を経験できることから韓国を代表する特級ホテルとして認められたのである。また、ソウル市役所とソウル広場がホテルの向かいに面しているほか、国内外の金融機関、大手企業が密集していることから、ビジネスホテルとしても最高の立地であるという評価も得ている。

ザ・プラザは、2010年イタリアの建築設計士であるグイド・チオンピ(Guido Clompi)氏と、全410室のインテリアをリニューアルするプロジェクトを進め、様々なデザインと配色の客室に仕上げた。すべての客室にはエコフレンドリーな素材を使用し、無料Wi-Fi、客室の温度と照明などを便利に調節できるスマートタッチパッドなどを完備し、お客様の利便性を強化した。ザ・プラザは、G20 サミットと核安保サミットが開かれた歴史のシンボルでもあり、9室ある宴会場は、600人まで利用できる。多彩なデザインのグランド・ボールルーム(Grand Ballroom)は、一度に450人が利用できるため、大規模な行事やウェディングイベントに適している。ホテルの最上階にあるジスタム・ハウス(Xystum House)からは、壁一面のガラス越しにソウルの全景を見渡すことができ、小規模イベント向けにカスタマイズすることも可能である。

2016年1月からザ・プラザは、マリオット・インターナショナルから革新的なビジネス・ソリューションと戦略的な海外販売および広報、運営ガイドラインなどフランチャイズホテルならではのメリットを享受することができ、ホテルの宿泊客にはマリオット・リワード・プログラムを提供する。マリオット・リワード・プログラムは、全世界5千万人以上が加入する顧客ロイヤリティー・プログラムであり、マリオット・インターナショナルのチェーンホテルに泊まるごとにポイントが貯まる無料加入プログラムである。このポイントを利用し、世界80カ国の19のブランドで運営される4,000以上のマリオット・インターナショナル・ホテルに無料で宿泊したり、提携する航空会社のマイレッジ、米国内のハーツ(Hertz)レンタカーサービスやクルーズ旅行など、約250あまりの特典を享受することが可能になる。

ハンファホテルアンドリゾートの沈京燮代表取締役は、今回の締結について、「マリオット・インターナショナルの最高級ホテル市場の分析力、卓越した販売チャンネルなどをザ・プラザに適用し、ローカルブランドの長所とフランチャイズホテルの長所をプラスした新たなコンセプトのホテルを紹介する。世界的に有名なホテルグループとの戦略的提携によって、40周年を迎えるザ・プラザのホテル産業においての位置づけが、さらに強化されるはず」と述べた。

マリオット・インターナショナルのアジア太平洋地域の統括社長であるクレイグ・スミス氏は、「これまで韓国では良質の特級ホテルへの需要が着実に増加してきたが、それに比べ施設やサービス、立地などが完璧に満足できるホテルは不足していた。今回韓国を代表する特級ホテル「ザ・プラザ」とラグジュアリ・ライフスタイルを目指す「オートグラフ・コレクション」が戦略的提携を結ぶことで、より多くの顧客がオートグラフ・コレクションの魅力を体験できるものと期待する」と述べた。

ザ・プラザ(THE PLAZA)

ラグジュアリ・ブティック・ホテルであるザ・プラザは、およそ40余年間ソウルのシンボルである市役所の向かいに位置し、ビジネスマンや観光客に最適の立地条件を提供してきた。全410室と6つのレストラン、9室の宴会場、フィットネスやスパなどを備えるザ・プラザは、韓国の特級ホテルとしては初めて2010年に大掛かりなリニューアル・プロジェクトを進め、ソウル市内でもっともモダンなホテルとなった。「ステイ・イン・スタイル(Stay in Style)」というブランド・アイデンティティに見合ったコンシアージチームを運営し、客室を利用するお客様に限られていたサービスを、客室、宴会場、レストランの全体に拡大している。また、客室には最先端の自動化システムを完備し、ラグジュアリ・ブティック・スタイルと利便性を追求する。

詳細情報: www.hoteltheplaza.com/jap/

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

オートグラフ・コレクション(AUTOGRAPH COLLECTION)

オートグラフ・コレクションは、マリオット・インターナショナルが保有するラグジュアリ・ライフスタイル・ブランドであり、既存のフランチャイズホテルブランドが統一されたガイドラインでホテルを運営しているのに比べ、オートグラフ・コレクションブランドは、各ホテルが位置している国または地域の文化、芸術、デザインなどをホテルの施設やサービス全般に反映、運営する。世界的に91のホテルが加盟、オープンしており、アメリカ、ヨーロッパなどの主要都市に続き、韓国ではザ・プラザとの戦略的提携を通じて、2016年1月に初めて紹介されることになる。
オートグラフ・コレクションホテルは、お客様により完璧で思い出に残るサービスを提供するために、お客様とのタッチポイントを4ヶ所設定し、それぞれの状況に適したサービスを提供している。そのタッチポイントは、チェックイン、ロビーラウンジ、レストラン、客室、チェックアウトなどであり、ホテルを訪問するお客様に忘れられない特別な経験とラグジュアリ・ライフスタイルを提供する。

詳細情報: www.autographhotels.com

Marriott International

アメリカ合衆国メリーランド州ベセスダを本社とするマリオット・インターナショナルは、ホテルフランチャイズ業界のグローバルトップクラスとして、世界81地域に4,300以上のホテルを擁している。2014年度基準のマリオットの売上げは140億ドルである。マリオットは19のホテルブランドを有し、ホテルおよびフランチャイズ運営、リゾート所有権ライセンスビジネスを手がけている。

詳細情報: www.marriott.co.jp/default.mi

Back to top