インドの太陽電池市場に新たなフロンティアを開拓する
ハンファQセルズ
  • - ハンファQセルズは 148.8 MW 相当の太陽電池モジュールの供給ならびに 25 年間の PPA による 2 つの
    ソーラー エネルギー プロジェクトに関する合弁事業への参加に合意した。これは同社にとって、
    インドで最初の太陽電池プロジェクトに関する株式投資である。
  • - ハンファQセルズは、また Adani Group of India の子会社である Ramnad Solar Power への 70 MW の
    供給にも合意している。

23 MW Starwood プロジェクト、カナダ

[韓国、ソウル、2015 年 7 月 21 日] ハンファQセルズ(Hanwha Q CELLS Co. Ltd、NASDAQ: HQCL) は本日、インドの大手クリーン エネルギー開発企業、Renew Power Ventures Pvt. Ltd. (以下ReNew Power) との太陽電池モジュールの供給契約および合弁事業契約の署名を発表。両プロジェクトを合計すると、出力にして148.8 MW になる。

ハンファQセルズは、2015 年8月から148.8MW相当の310/315 Wp (HSL72S)太陽電池モジュールの提供を開始し、2016年中に引き渡しを完了する予定である。同社は、「ドイツで設計した」モジュールを、中国、マレーシア、韓国にある最新技術による自動生産施設の分散型拠点から供給している。

ハンファQセルズは、この2つのソーラーエネルギープロジェクトにおいて、最大49%の株式資本比率を確保する可能性があり、プロジェクトの開発、建設および運用を行うReNew Powerに、148.8MW相当の太陽電池モジュールを供給する。同プロジェクトは、テランガーナ州メデック県およびマハブーブナガル県で実施され、2016 年6月に運転を開始する予定である。これらのプロジェクトによって生成された電力は、Southern Power Distribution Co. of Telangana State Ltd. (TSSPDCL)との電力購入契約(PPA)に基づいて売却される。

ハンファQセルズの南晟宇(ナム・ソンウ)代表取締役は、「インドにおける独立系電力生産者の大手であるReNew Powerとパートナー関係を結ぶことができ嬉しく思う。当社のモジュールは、太陽光発電プロジェクトを進めるソーラーエネルギー開発者にとって価値のある、高品質性・高効率性を兼ね備えたものである」と述べた。さらに、「私たちはインドを、世界で最も太陽電池が成長する確実な市場であると認識し、優良なモジュール供給者であるとともにソーラーエネルギープロジェクトの開発者としての双方の立場で、積極的に事業を推進していく」と続けた。

また、ハンファQセルズは最近、Adani Group of India の子会社である Ramnad Solar Powerとの70メガワット(MW)の供給契約に署名した。これらのモジュールは、インド南部のタミル・ナードゥ州に設置される。建設は2015年10月から開始され、2016年2月に完成する予定である。
インドは、政府による強力な政策支援により、世界で最も成長の著しい太陽光発電関連市場のひとつとなっている。2014年、Modi首相は、2020 年までに太陽光発電量100GWを達成すると宣言している。

このモジュール供給契約は、ハンファQセルズが高温多湿気候および粉塵環境に対応したインド市場向け高品質製品の製造によって、高い技術力をあらためて証明する機会となるであろう。

ハンファQセルズは、ムンバイやニューデーリーなどの大都市およびノイダ、グルガオン、ハイデラバード、プネーなどの中堅都市の現地オフィスに本部からの人員を配置し、各地の事情に合った現地化戦略を立て、インド市場に新たなフロンティアを開拓し、素早い卓越した意思決定を行い、競合他社との差別化を図る意向である。そうすることにより、同社は営業力を強化し、体系的なアフターセールスサービスを開発し、地元営業管理職との信頼関係を構築する計画である。

詳細情報:

Hanwha Q CELLS
Investor Relations
Paul W. Combs
Tel: +86 21 3852 1533
Mobile: +86-138-1612-2768
Eメール: paul.combs@hanwha-qcells.com

ハンファQセルズ

ハンファグループの2つの太陽光関連企業が合併し、2015 年2 月にハンファQセルズ(Hanwha Q CELLS、NASDAQ:HQCL)を発足。「Engineered in Germany」のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社の先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、ドイツにあり、セル生産能力は3.28GWで世界ナンバーワンである(2015 年2 月現在)。太陽光モジュール、システム開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など、太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/jp

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

セーフハーバーポリシー

このプレスリリースは、改定された米国1933年証券法第27条Aおよび改定された米国1934年証券取引所法第21条Eの意味で、米国1995年民事証券訴訟改革法に定義される、「将来予想に関する記述」に該当します。将来予想に関する記述は、「だろう」、「期待する」、「予想する」、「将来」、「意図する」、「計画する」、「考えられる」、「見積もる」などの語句や、類似の記述により特定できます。また、このプレスリリースでの管理部門の発言や企業運営やビジネス展望にも、将来予想に関する記述が含まれます。これらの記述は、実際の結果が将来予想に関する記述に記載された内容と大幅に異なる可能性のある、一定のリスク及び不確実性を含んでいます。詳細については、米国証券取引委員会に提出済みのハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne)の報告書(様式20-Fの年次報告書を含む)をご参照ください。当社は、新たな情報、将来の事象、またはその他の結果に関わらず、法的な要求がない限り、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

Back to top