ハンファケミカルはソーラーファンパワーの49.99%の出資金を得る


[2010年3月8日] ハンファケミカルコーポレーション(“HCC,” KOSPI: KS009830)は、中国に基盤を置くインゴット、ウェハー、太陽電池、モジュールの世界的に縦の統合を導く生産者、ソーラーファン パワーホールディングス(NASDAQ: SOLF, “Solarfun”)の49.99%の株を約3億7000万ドルUSD(KRW4340億)で獲得する確定的な契約に入りました。この一連の取引は、2010年9月末によって終了することが期待され、同意書に特定された確かな終了の条件を満たす事が条件となっています。取引終了に伴い、HCCは株主の同意書に基づき、先買権、登録権、同意見と同様に証券取引の代表を含む、確かな管理の権利を持つソーラーファンの最大の株主になります。ソーラーファンはソーラー業界の縦に統合されたプレーヤーとしてソーラー業界の縦に統合されたHCCの存在するソーラー事業範囲と規模を強化し広げます。

HCCのCEOであり社長のキ ジョオン ホングはコメントしています。「この取引はソーラー業界での更なる成長のため HCCとハンファグループを理想的に位置づけます。低価格の生産ベースを伴ったソーラーファンは私たちの存在するソーラー事業に敬意意を表し、直接的にソーラー業界でのリーダーになるための重要な要素、経済規模を提供します。 ソーラーファンはまた、私たちに鍵となるお客様、そして太陽光発電(PV)製品市場へのアクセスを与えてくれます。多様化したハンファグループの会員のためのその事業計画を達成するためにソーラーファンと共に一緒になって働きソーラーファンとハンファ両方に成長をもたらす結果が期待できる多くの好機があります。私たちはソーラーファンと私たちのソーラー事業の重要な乗り物を制作し、そして世界最大のソーラー会社のひとつを気づきあげるビジョンを共有します。 私たちは 、このビジョンを現実にするために、この取引で現在ソーラーファンのCEOとして指名されているXie博士と彼の強化管理ティームと近寄リ、建設的に業務を進めます。

ソーラーファンの最高経営責任者であり社長のPeter Xie博士は言っています。「私たちはハンファ化学が戦略的な投資家でありパートナーである事を期待します。大規模な世界関連のハンファグループの実質的な財源と証明済のエネルギー製品を創りだす専門的知識は、私たちが私たちの事業を成長させ新しい市場に潜入するにはソーラーファンにとって測り知れないほど貴重なものです。」この取引はHCCが2009年に最初に韓国ウルサンで30MWの電池生産施設の建設で入り込んだソーラー事業へのハンファグループの最初の戦略的拡張です。戦略的勢いと取引の利点に影響され、ハンファグループはソーラー業界で有機無機成長のイニシアティブを追求し継続させる事を期待しています。

「市場での競争率が増大するにつれ、お客様に購入し易い価格で完璧なエネルギーソリューションの提供を可能にする事がより重要になっています。何を私たちが信じるかはソーラー事業で最も望まれるビジネスモデルになること、プロジェクト開発、セル/モジュール生産、EPC、資金調達、O&Mを包含するビシネスモデルです。そしてこの取引が私たちが何を信じるかに向かって私たちの成長と発展に加速を付ける事に私たちは自信を持っています。」ホオング氏は付け加えています。

Back to top