Hanwha Q CELLSとサムスンSDIがホームオーナー向け太陽光発電キット貯蔵ソリューションQ.ホームを発売
  • - Q.ホームはホームオーナーの光熱費節約に役立つソリューションである
  • - 単一電源からの便利で簡単なホームオーナー向けソリューションである
  • - 自宅の屋根で安定したクリーンエネルギーを生産し消費が可能である


[タルハイム ドイツ、2014年11月5日] 2014年の出荷量で欧州一となった太陽光発電プロバイダーのHanwha Q CELLSは、サムスンSDIと手を組み、屋根型ソーラーシステムからの自家電力消費に関心を寄せるホームオーナー向けに、統合ソーラーシステムと貯蔵ソリューションを提案することを決めた。Q.ホームの発売は、12月からドイツの顧客向けに開始される。Hanwha Q CELLSはサムスンSDIとともに、2つのQ.ホームキットを貯蔵ソリューションとして展開する。Q.ホームの4,68kWpまたは6,24kWpのキットには、18~24の高利回りのQセルズ Q.PRO-G3 260Wモジュール、サムスンSDI 3,6kWh貯蔵システム、単相インバータ、実装システム、その他必要な電子機器が含まれる。さらに東西の方角に適応したオプションも加えられる予定だ。この新製品のQ.ホームを通してHanwha Q CELLSは、太陽光発電ソリューションのプロバイダーとしてさらに実績を伸ばしていくだろう。

Hanwha Q CELLSのQ.ホームキットのエネルギー貯蔵ソリューションは、サムスンSDIが今年初めに発売した‘オール・イン・ワン’製品の最新版となる。このキットは各業界のトップ製品で構成されており、顧客はこの統合自家消費ソリューションの利用でさらにエネルギーを自給自足することが可能となる。

Hanwha Q CELLS最高法令順守責任者のジャスティン・リー氏は「サムスンSDIとの協力を通して、住宅用モジュール市場とソリューションの分野で顧客の拡大を狙っています。多くのホームオーナーにとって、屋根型太陽光発電システムを選択し設置することは複雑で時間がかかるものと認識されがちです。Q.ホームは、サムスンSDIの最新貯蔵テクノロジーと私たちの優良なQセルズ 太陽光発電キットを掛け合わせ、単一電源から便利で簡単なソリューションをホームオーナー様向けにご提供します」と、話した。

自給自足エネルギー:跳ね上がる電気料金から自立するホームオーナー

Q.ホームはホームオーナーの公共送電網への依存を軽減し、エネルギーの自給自足に向けた決定的なステップとなるだろう。それと同時に、Q.ホームの利用がホームオーナーの光熱費支払いの負担を軽減し、跳ね上がる電気料金からの自立をももたらす。具体的な例をあげると、年間4400 kwhの電力を消費する4人家族の場合、6,24 kWpの太陽光発電プラントと3,6 kWhのサムスンSDI貯蔵システムで年間2200 kwhの電力を生み出すことで、年間消費量の50 %を自給自足で賄えることができる。住宅用太陽光発電システムによって生成される太陽エネルギーは、貯蔵システムに貯蔵される。ホームオーナーとサービスエキスパートは、パソコンやスマートフォンから貯蔵システムのエネルギー残量、その日住宅に必要なエネルギー量(キロワット時)、またその日の電力生産量をリアルタイムで確認することができる。

さらに多くのホームオーナーが、太陽光発電プラントと貯蔵システムを組み合わせている。太陽光発電システムを導入する新規の顧客が貯蔵システムにも投資する傾向は、特にドイツで顕著な高まりを見せている。ドイツのマーケットリサーチ企業のEuPD Researchの研究では、2014年に太陽光発電システムを導入したエンドカスタマーの約20%が貯蔵ソリューションも併せて取り入れていることが明らかになった。

簡単なオール・イン・ワンパッケージ

Hanwha Q CELLSは現在、ドイツ市場でのQ.ホームの発売に向け準備を進めている。Qセルズ サムスンSDI 太陽光発電貯蔵ソリューションに関心のある株主の問い合わせ先は、Hanwha Q CELLSのカスタマーサービスセンター(サービスホットライン:+49 (0)3494 6699-23222 月曜~金曜の午前9時~午後5時)まで。太陽光発電企業は、太陽光発電プラントと貯蔵ソリューションの組み合わせについて正しく計画し供給する責任を負っている。Hanwha Q CELLSは国際的にビジネスを展開しながらも、ローカルのエネルギーコンサルタント業者と契約し、顧客の住宅屋根のサイズ、ピッチ、方位測定を精査し、屋根の監視についても彼らがホームオーナーと日時を取り決め行う。このエネルギーコンサルタントの提案に従い、Qセルズネットワークの設置業者がシステムの取り付けと配電網への接続を請け負う。Hanwha Q CELLSとサムスンSDIは、この太陽光発電キットと貯蔵ソリューションの発売に向けて設置業者を訓練し認定を与える予定だ。

それぞれの製品の品質が価値を高め合う

VDEによってテスト済みの簡単設置型サムスンSDI ESS貯蔵システムは、リチウムイオンバッテリーをベースとしたホームオーナー向けオール・イン・ワンソリューションで、2014年6月に発表された。その貯蔵システムを利用することでホームオーナーは自家消費を最適化し、必要な時に自家発電の電力を使うことができる。コンポーネントには、故障の早期認識とメンテナンス負担の軽減が特徴のサムスンSDIモニタリングを搭載している。技術的な耐用期間は、僅かな容量低下も含め10年だ。また、エンドカスタマー向けに製品とサービスの保証と、貯蔵システムのアフターサービスを提供している。

この“VDE品質テスト済み”Q.PRO-G3モジュールは、セル効率の上昇と生産出力の改善が特徴だ。QセルズのアンチPIDテクノロジー、ホットスポット保護、追跡可能品質のTra.QTMが長期間の生産を保証し、それは厳しいVDE品質テストによって確かなものとなった。Q.PRO-G3モジュールは太陽光の少ない日でも高い性能を発揮し、気温への適応も非常に優れている。モジュールには製品保証12年と出力保証25年が備わっている。ハイテック合金を使用したスリムなモジュールフレームデザインが、Q.PRO-G3モジュールの重量をわずか19 kgに抑えたにもかかわらず、強風や豪雪に対する耐久性を保持している。

詳細情報:

Hanwha Q CELLS有限責任会社
Sonnenallee 17-21
06766 Bitterfeld-Wolfen (OT Thalheim), Germany

コーポレートコミュニケーション
Jochen Endle, Robert Reinsch
電話: +49 (0)3494 6699 10121
Eメール: presse@q-cells.com

執行役員
Hee Cheul Kim (CEO), Kye Chun Son (CFO),
Dr. Andreas von Zitzewitz (COO), Koo Yung Lee (CCO)

ハンファQセルズ

ハンファグループの2つの太陽光関連企業が合併し、2015 年2 月にハンファQセルズ(Hanwha Q CELLS、NASDAQ:HQCL)を発足。「Engineered in Germany」のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社の先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、ドイツにあり、セル生産能力は3.28GWで世界ナンバーワンである(2015 年2 月現在)。太陽光モジュール、システム開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など、太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/jp

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

サムスンSDIについて

1970年の設立以来、サムスンSDIはクリエイティブで革新ある未来に向けて走り続けてきました。この継続的な努力の中で、サムスンSDIは最先端テクノロジーを駆使し現在人々が実際に利用している製品を生み出してきました。

2000年にはLiイオン二次電池ビジネスに参入し、その後サムスンSDIはマーケットリーダーへと成長を遂げました。現在、Liイオン二次電池の製造はサムスンSDIのコアビジネスの一つとなり、彼らの応用範囲は携帯電話やノートPCなどのデジタル携帯機器から、xEVやエネルギー貯蔵システム(ESS)などの電気自動車まで急速に広がりました。

サムスンSDIのエネルギーソリューションがESSテクノロジーを牽引し、サムスンSDIはESSの世界市場をリードする企業として認識されています。当社は、キロワットからメガワットまで豊富な製品を取り揃え、幅広い種類のリチウムイオン電池システムを世界中の顧客に提供しています。その優良さが認められ、“フロスト&サリバン ベストカンパニーアワード2014”を欧州のESS市場で受賞しています。

Back to top