ハンファQセルズ、米・ネクステラ・エナジー・リソーシズと
約1.5GWの太陽電池モジュール供給契約に合意
  • - 米国太陽光発電事業に2015 年第4 四半期から1 年間で約1.5 GWを供給
  • - セル・モジュールの製造はマレーシア及び韓国の全自動化された生産拠点
  • - 独自のテクノロジーで高い発電量を実現する「Q.PLUS」を供給

10.86 MW Maywood Solar Farm in Indianapolis, the U.S. (Left)
5 MW Kalaeloa Renewable Energy Park in Hawaii, the U.S. (Right)


[2015年4月20日] ハンファQセルズ株式会社は(以下、「ハンファQセルズ」、米ナスダック:HQCL)、北米時間2015年4月20日、再生可能エネルギー関連企業で世界最大規模を誇る、米ネクステラ・エナジー社(ニューヨーク証券取引所:NEE)の子会社であるネクステラ・エナジー・リソーシズ(NextEra Energy Resources)と、太陽電池モジュール供給の契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。

今後、2015 年第4四半期から2016 年第4四半期にかけて、ネクステラ・エナジー・リソーシズおよび関連企業の米国における太陽光事業拡大のために、ハンファQセルズが1.5GW 以上の太陽電池モジュールを供給します。

今回供給する太陽電池モジュールは、ハンファQセルズが独自に開発した「Q.ANTUM セル技術」を使用した「Q.PLUS」という製品で、業界の標準的な製品に比べ発電量が多いという特徴があります。このモジュールをフルオートメーション化しているマレーシアおよび韓国の生産拠点で製造し、供給していきます。

今回、大規模な契約に至った背景には、ハンファQセルズが2015 年2 月にハンファグループ傘下のQセルズとハンファソーラーワンとの合併により、太陽電池の生産能力が世界最大規模のメーカーとなったことがあります。

ネクステラ・エナジー・リソーシズの最高経営責任者(CEO)アマンド・ピメンテル氏は、次のように
述べています。

「当社は、世界最大規模の再生可能エネルギー発電事業社として、大規模な太陽光発電プロジェクトに引き続き投資していく考えです。当社とハンファQセルズは、経済的なクリーンエネルギーの提供というビジョンにおいて同じ価値観を共有しています。我々は、今回のモジュール供給により、信頼性や効率性、耐久性を得ることを期待しています」

ハンファQセルズのナム・ソンウ代表取締役は、次のように述べています。

「当社は、再生可能エネルギーの世界的リーダーであるネクステラ・エナジー・リソーシズ社と戦略的パートナーになれたことを誇りに思っております。今回の契約合意は、ハンファQセルズの先進的な太陽電池やモジュール技術の品質・価値、そして競争性が認められたことを証明しています。この供給契約により、ハンファQセルズは、世界の2大市場である米国および日本において市場リーダーを目指しています。ハンファQセルズとハンファソーラーワンの合併により誕生した新会社の財務安定性や、先進技術および製造業でのリーダーシップにより、このような歴史的な契約を結ぶことができました」

詳細情報:

ハンファQセルズジャパン株式会社
広報担当:小林
電話: 03-5441-5928
Eメール: info@hqj.co.jp

ハンファQセルズ

ハンファグループの2つの太陽光関連企業が合併し、2015 年2 月にハンファQセルズ(Hanwha Q CELLS、NASDAQ:HQCL)を発足。「Engineered in Germany」のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社の先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、ドイツにあり、セル生産能力は3.28GWで世界ナンバーワンである(2015 年2 月現在)。太陽光モジュール、システム開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など、太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/jp

ハンファQセルズジャパン株式会社について

1984年に韓国最大手企業であるハンファグループの日本法人として設立。2014年3月に設立30周年を迎えた。太陽光発電関連事業(太陽光モジュール輸入販売、IPP 事業)をはじめ化学品、鉄工、機械・設備、自動車部品、IT関連機器等、多分野にわたる基幹産業のアジア諸国間での輸出入業務と日本市場での販売事業を展開している。2011 年より日本の太陽光事業に参入、日本向け出荷量の累計は1.3GW (2015 年2 月現在)、2013 年には外資系太陽光モジュールメーカーとして国内出荷量で1位となる。
詳細情報: www.q-cells.jp

ネクステラ・エナジー・リソーシズ社について

米・ネクステラ・エナジー(NextEra Energy, Inc. NYSE:NEE)は、グループ会社を合わせ、カナダと北米で年間約42GWの電力を生産する、アメリカでナンバー2の規模を誇る電力会社。グループ傘下のネクステラ・エナジー・リソーシズは、主に風力、太陽光、天然ガスの発電事業を手掛ける。現在、北米で最大の風力発電所を運営しており、今後太陽光発電分野も拡大していく方針。
詳細情報: www.nexteraenergyresources.com

セーフハーバーポリシー

このプレスリリースは、改定された米国1933年証券法第27条Aおよび改定された米国1934年証券取引所法第21条Eの意味で、米国1995年民事証券訴訟改革法に定義される、「将来予想に関する記述」に該当します。将来予想に関する記述は、「だろう」、「期待する」、「予想する」、「将来」、「意図する」、「計画する」、「考えられる」、「見積もる」などの語句や、類似の記述により特定できます。また、このプレスリリースでの管理部門の発言や企業運営やビジネス展望にも、将来予想に関する記述が含まれます。これらの記述は、実際の結果が将来予想に関する記述に記載された内容と大幅に異なる可能性のある、一定のリスク及び不確実性を含んでいます。詳細については、米国証券取引委員会に提出済みのハンファソーラーワンの報告書(様式20-Fの年次報告書を含む)をご参照ください。当社は、新たな情報、将来の事象、またはその他の結果に関わらず、法的な要求がない限り、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

Back to top