ハンファソーラーはシリコンバレーでR&Dセンターをオープン

トップ10の世界的ソーラー会社が次世代製品R&Dをカリフォルニアで実施


[2012年4月12日] ハンファソーラーは世界的な太陽光発電(PV)ソーラーソルーション

であり、今日、カリフォルニア サンタクララで最新式のPV研究と開発(R&D)研究所を開設しました。その施設は、効率がよく、低価格でのソーラーエネルギーを電気変換への様々な次世代PVコンセプトを求めて研究します。

「ハンファソーラーは、その地域の革新性と技術専門家の意見を取り入れるためにこの施設をシリコンバレーに決定しました。」とハンファソーラーの社長Hee Cheul Kimは言います。「ハンファソーラーのような世界的会社がクリーン技術R&Dの中心であるカリフォルニアに強い存在感を持つのは大変重要なことです。ソーラーに投資しているのは自信の現れです、ハンファグループは長期間の成長エンジンとしてクリーンエネルギーを保持しています。」

ハンファソーラーは30,000平方FT施設に1400万ドルを投資し、それも拡大の余地を考えての建設でした。会社はR&Dセンターに30人を雇用します、アメリカ全土にわたって更に47人雇います。 まとめて、ハンファソーラーは過去2年間にアメリカに5000万ドル投資してきました、地域の存在感を広げ、OneRoof Energy, Crystal Solar,Solar Monkey そして1366 Technologiesのような会社と戦略パートナーシップ先端のソーラーエネルギーへ参入します。ハンファソーラーは来たる年に、地域に会社の足跡を増やし続け、さらに投資追加と雇用を増加させます。

「より良い技術への絶え間ない約束はハンファソーラーの競争心の鍵となります。」とチーフ技術取締役でサンタ クララ施設に基盤をおくChris Eberspacherは言いました。「ソーラー技術では、現在の栄光に決して満足はできません。昨日の革新は明日には、すたれたものに簡単にあせてしまう。このセンターはハンファソーラーを次のソーラー技術の地平線に維持します。」

ソーラー革新技術の様々な段階に焦点を合わせ、ハンファソーラーは韓国、中国、アメリカと合計3つの国の技術R&Dセンターをもっています。

• 韓国ソーラーR&Dセンター:次世代C-Si技術
• 中国工学技術センター:絶え間ないコスト効率と競争力
• アメリカ先端R&D研究所:市場へ変換する先端技術•

それに加え、ハンファソーラーはアメリカでのブランド認識度を高めるため国内マーケティングキャンペーンを開始します。

これらの活動はハンファソーラーの北アメリカでの立場を強化するため、また、 当社を世界主導のソーラー ソリューションの供給者に築きあげるための協力的努力の一部分です。

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

Back to top