ハンファソーラーワンがFCPAマニュアルの正式制定を発表
Hanwha SolarOne Announced Official Enactment of FCPA Manual


2013年9月9日13時、ハンファソーラーワンの経営幹部が、啓東市(中国)でFCPA(連邦海外腐敗行為防止法)マニュアルの発表式典を開催しました。ホン・キジュン会長、キム・ミンス社長、ジェイ・ソ最高財務責任者(兼最高法令順守責任者)を含む16人の経営幹部がこの式典に出席しました。

まずホン・キジュン会長が開会の辞を述べ、続いて法律顧問のチ・ジャン氏がFCPAの簡単な紹介を行った後、IT/PI主任のジブ・ユ氏がマニュアル導入に関する役割と責務についての説明を行いました。式典の最後には、ホン・キジュン会長がFCPAマニュアルを正式に導入することを宣言し、これに加えて、キム・ミンス社長がハンファソーラーワンの全社員に対してFCPAマニュアルの徹底順守を呼びかけました。

同マニュアルは、最高財務責任者(兼最高法令順守責任者)が率いる重要な企業コンプライアンス プロジェクトで、FCPA、中国腐敗行為防止法、その他の関連腐敗防止法を順守するための、ハンファソーラーワンのグローバルな方針と手順が要約されています。同マニュアルには、包括的な倫理手順としてさまざまな企業活動(定期監査、報告手順、合併、買収、ジョイントベンチャーを含む)に関わる指示が詳細に記載されています。

FCPAマニュアルの正式制定は、最高レベルの倫理基準を維持し、公正な競争によりビジネスを成功に導こうとするハンファソーラーワンの継続的な努力を象徴するものです。

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne)

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne Co., Ltd.、NASDAQ:HSOL)は、世界最大のソーラーセル製造企業であり、世界最大のソーラーモジュール製造企業の一つで、コスト競争力の高い高品質ソーラーモジュールを提供しています。当社は、ハンファグループのフラグシップカンパニーであり、韓国最大規模の会社の一つです。ハンファソーラーワンは、第三者販売店ネットワークの拡大やOEM生産、システムの統合を通して、公共事業、商業、政府、そして住宅の市場でビジネスを展開しています。当社は、グローバルビジネスネットワークをヨーロッパ、北米、アジア、南米、アフリカ、中東に広げ、世界で強い存在感を維持しています。持続可能な環境に対する責任をもつ企業として、ハンファソーラーワンは、太陽光発電システムの引き取りとリサイクルプログラムのアクティブメンバーとして活動しています。2014年12月8日、全株式取得によるハンファQセルズの買収を発表しましたが、取引は2015年第一四半期に完了する見込みです(この取引の全ての開示情報については、証券取引委員会(SEC)への過去の報告書をご覧下さい)。

詳細情報: investors.hanwha-solarone.com

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

Back to top