ハンファソーラーワン、支援の必要な中国の子ども達に光を

30 kWの新太陽光発電システムを希望小学に設置

中国湖北省・上海市(2013年12月17日)- ハンファソーラーワン株式会社(以下、「同社」または「ハンファソーラーワン」)は、世界トップ10に入る太陽光発電製造元で、品質及び価格競争力の高い太陽電池モジュールを提供しています。同社は本日、湖北省五峰トゥチャ族自治県にあるYuyangguan希望小学への継続的な電力供給を可能にする、30 kWの太陽光発電システムの設置が完了したことを発表しました。このプロジェクトの完成は、ハンファソーラーワンの親会社であるハンファグループが実施する「ハッピーサンシャイン」キャンペーンのなかでも重要な節目となりました。中国青年開発基金との提携のもと実施された「ハッピーサンシャイン」は、地域の学校の運営状態を改善し、同時に「再生可能エネルギーおよび持続可能な開発」の価値を生徒に学んでもらうことを目的としています。設置の完成を祝う記念式典には、ハンファグループ・チャイナ本社社長のクム・チュンス氏、ハンファグループ・チャイナ本社副社長のソン・ジョンフン氏、ハンファソーラーワン副社長のグオ・キ氏、中国青年開発基金副書記長のヤン・チュンレイ氏が参加しました。

ハンファソーラーワンは、Yuyangguan希望小学に寄贈した30 kWの屋根型太陽光発電システムの設計と設置に加え、このシステムを最適に使用するための運営およびメンテナンスに関する総合的なトレーニングを行う予定です。この太陽光発電システムは、年間32,000 kWのクリーン太陽エネルギーを生成すると予測されています。

ハンファグループ・チャイナ本社社長のクム・チュンス氏は、式典で次のようにコメントしました。「希望小学に太陽光発電設備を寄贈・設置でき、喜ばしく思います。それ以上に、新エネルギーを通して子ども達の生活に光をもたらし、彼らに新たな希望を与えることができたことを誇りに思います。」「責任ある企業市民として、ハンファはこれからも地域社会に利益を提供し、『明るい未来の創造』という当社の使命を共有する組織と力を合わせ、共に尽力していきたいと考えております。」

また、中国青年開発基金副書記長のヤン・チュンレイ氏は、次のように付け加えました。「ハンファグループおよびハンファソーラーワンからの心温まる寄贈に心より感謝申し上げます。ハンファソーラーワンの高度な技術と有益なトレーニングにより、Yuyangguan希望小学に持続可能性と信頼性の高いエネルギーが効果的に供給されることを確信しております。」

ハンファソーラーワン副社長のグオ・キ氏は、「このプロジェクトで重要な役割を担うことができ、大変光栄に思います。希望小学に30kWの太陽光発電システムを設置できたことは、『企業の社会的責任』という意味で我々にとっても今年最大の成果となりました。」とコメントしました。

ハンファソーラーワンは、中国での社会的・商業的成長の両方に貢献すべく尽力しています。同社は「ハッピーサンシャイン」キャンペーンを通じて30 kWの太陽光発電システムの設置を完了したことに加え、最近ではJiangsu Zhongtian Technology Co., Ltdと提携を結び、中国最大級の国有電力会社であるChina Huaneng Group(中国華能集団)に50 MWの電力を供給しました。

ハンファグループの「ハッピーサンシャイン」キャンペーンは2011年に始動し、より多くの子ども達が明るい場所で学べるよう、これまでに韓国国内の福祉施設や児童施設、ドイツ・ハンブルクのオスターベック校、日本の岩手県洋野町の種市幼稚園などに太陽光発電設備を寄贈してきました。

ハンファソーラーワンの屋根型太陽光発電システムと、その設置完了を祝う記念式典の出席者。左から順に:五峰トゥチャ族自治県副執行委員長のリ・チャンジ氏、中国青年開発基金副書記長のヤン・チュンレイ氏、ハンファグループ・チャイナ本社社長のクム・チュンス氏、Yuyangguan希望小学校長のザン・クンボ氏、ハンファソーラーワン副社長のグオ・キ氏、ハンファグループ・チャイナ本社副社長のソン・ジョンフン氏。

設置完了を祝う式典の出席者とYuyangguan希望小学の生徒達。左から順に:五峰トゥチャ族自治県・中華人民共和国政治協商委員会副会長のザン・ティンユ氏、五峰トゥチャ族自治県副執行委員長 リ・チャンジ氏、Yuyangguan希望小学校長のザン・クンボ氏、湖北省青年開発基金書記長のザン・イ氏、中国青年開発基金副書記長のヤン・チュンレイ氏、ハンファグループ・チャイナ本社社長のクム・チュンス氏、ハンファグループ・チャイナ本社副社長のソン・ジョンフン氏、ハンファソーラーワン副社長のグオ・キ氏、中国青年開発基金・地域文化部門部長のリ・ガン氏。

詳細情報:

イボンヌ・シャオ、エデルマン
電話: +8621 6193 7558
Eメール: yvonne.shao@edelman.com

ジョン・シイ、Hanwha SolarOne
広報・広告部門マネージャー
電話: +8621 3852 1521
Eメール: john.xi@hanwha-solarone.com

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne)

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne Co., Ltd.、NASDAQ:HSOL)は、世界最大のソーラーセル製造企業であり、世界最大のソーラーモジュール製造企業の一つで、コスト競争力の高い高品質ソーラーモジュールを提供しています。当社は、ハンファグループのフラグシップカンパニーであり、韓国最大規模の会社の一つです。ハンファソーラーワンは、第三者販売店ネットワークの拡大やOEM生産、システムの統合を通して、公共事業、商業、政府、そして住宅の市場でビジネスを展開しています。当社は、グローバルビジネスネットワークをヨーロッパ、北米、アジア、南米、アフリカ、中東に広げ、世界で強い存在感を維持しています。持続可能な環境に対する責任をもつ企業として、ハンファソーラーワンは、太陽光発電システムの引き取りとリサイクルプログラムのアクティブメンバーとして活動しています。2014年12月8日、全株式取得によるハンファQセルズの買収を発表しましたが、取引は2015年第一四半期に完了する見込みです(この取引の全ての開示情報については、証券取引委員会(SEC)への過去の報告書をご覧下さい)。

詳細情報: investors.hanwha-solarone.com

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

セーフハーバー(Safe-Harbor)ルールに基づく記述

このプレスリリースには将来予想に関する記述が含まれています。これらの記述は、1933年証券法§27A(その後の改正を含む)および1934年証券取引所法§21E(その後の改正を含む)の意義の範囲内、ならびに1995年米国民事証券訴訟改革法で定義される「将来予想」に関する記述で構成されています。これらの将来予想に関する記述は、「予定」、「予測」、「予想」、「将来」、「意図」、「計画」、「信念」、「推定」といった用語やその他類似する記述によって確認可能です。特に、このプレスリリースにおけるマネージメント、会社運営および事業見通しに関する引用は、将来予想に関する記述が含まれています。これらの記述はリスクや不確定な要因を含んでおり、実際の結果と大きく異なる場合があることをご了承ください。こうしたリスクおよびその他のリスクに関する詳細については、ハンファ・ソーラーワンが米証券取引委員会に届け出ている書類(年次報告書Form 20-Fを含む)をご参照ください。当社では、法令に定められたものを除き、新しい情報、将来の出来事、その他の事を受けて将来予想に関する記述を更新する義務は一切負わないものとします。

Back to top