ハンファソーラーワン、ザンジバル(Zanzibar)プロジェクトでPVモジュールを支援

75 kWソーラールーフタワーの設置でアフリカの学生たちにクリーンエネルギーと明るい未来を約束

Hanwha SolarOne Sponsors PV Modules for Zanzibar project


[イスマニング、2014年3月5日] 高品質の太陽光モジュールを、低価格で供給する太陽光技術分野のパイオニア㈱ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne Co., Ltd.)が、今日タンザニアのザンジバルにあるカルム科学技術大学(Karume Institute of Science and Technology)に75kWルーフタワーの設置工事に必要な、太陽光モジュールを提供したことを明らかにしました。2014年1月13日に着工を発表したこのプロジェクトは、クリーンエネルギーの供給はもちろん、地域の学生たちに太陽光発電施設に関する学習の機会を提供しました。

この太陽光プロジェクトは、ドイツのカクロス地域に位置するNGOコネクティング・コンチネント(NGO Connecting Continents e.v)で施工され、GSWゴールド・ソーラーウインド・マネジメント(GSW Gold SolarWind Management GmbH)が太陽光パネルの設備を提供しました。大々的な準備過程と地域内の提携業者であるセレ・ラシード(Sele Rashid)の支援を受け、数週間で設置作業に成功しました。

プロジェクトに参加した企業は、今回のプロジェクトの教育的側面を強調します。「この規模の太陽光発電施設は、この地域で初めてであり、プロジェクトを進めることが出来、非常に誇らしい。」とコメントし、「今回のプロジェクトは、クリーンエネルギーの供給はもちろん学生たちに再生エネルギーに対する学習の機会を提供することになった。大きな意義があり、地域のエネルギー確保と持続可能な経済活性化の基盤になるだろう」とカルム科学技術大学のハジ・アドラミド(Haji Abdulhamid)総長は所感を述べました。

この太陽光設備は、 ネットメータリング(net-metering)で登録されます。日中の残った電力は地域の電気供給会社であるZanzibar Electricity Corporation (ZECO)に供給され、安定した電力供給を支えます。

「ハンファソーラーワンでは、持続可能な開発と教育活動に尽力しており、中国 五峰 地域のユヤングァンタウンホープ小学校(Yuyangguan Town Hope Primary School)を始め、ドイツ・ハンブルク地域のオスターベク学校(Osterbek School)など、今日まで多くの教育機関に太陽光モジュールを寄付してきた」とし、「学生たちが明るい未来を約束する再生エネルギー技術に多くの関心を示している」とハンファソーラーワンのキム・メンユン(Maengyoon Kim)本部長は話しています。

詳細情報:

ハンファプレスサービス (Hanwha Presseservice)
A&R GmbH Landshuter Allee 10 D-80637
München
電話: +49 (0)89 / 413 01 753
Eメール: HanwhaGermany@arpartners.com

レナ・バーグ(Lena Berg)
ハンファソーラーワンPRマネージャー
電話: +49 (0)89 / 2175 667 393
Eメール: lena.berg@hanwha-solarone.de

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne)

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne Co., Ltd.、NASDAQ:HSOL)は、世界最大のソーラーセル製造企業であり、世界最大のソーラーモジュール製造企業の一つで、コスト競争力の高い高品質ソーラーモジュールを提供しています。当社は、ハンファグループのフラグシップカンパニーであり、韓国最大規模の会社の一つです。ハンファソーラーワンは、第三者販売店ネットワークの拡大やOEM生産、システムの統合を通して、公共事業、商業、政府、そして住宅の市場でビジネスを展開しています。当社は、グローバルビジネスネットワークをヨーロッパ、北米、アジア、南米、アフリカ、中東に広げ、世界で強い存在感を維持しています。持続可能な環境に対する責任をもつ企業として、ハンファソーラーワンは、太陽光発電システムの引き取りとリサイクルプログラムのアクティブメンバーとして活動しています。2014年12月8日、全株式取得によるハンファQセルズの買収を発表しましたが、取引は2015年第一四半期に完了する見込みです(この取引の全ての開示情報については、証券取引委員会(SEC)への過去の報告書をご覧下さい)。

詳細情報: investors.hanwha-solarone.com

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

ゴールド・ソーラーウインド・マネージメント(Gold SolarWind Management GmbH)

GSWゴールド・ソーラーウインド・マネージメント(Gold SolarWind Management GmbH)は、持続可能エネルギー供給プロジェクトの専門管理および運営会社です。現在64の風力発電所と30MWの太陽光発電所を運用しております。詳細はホームページで確認ください。

詳細情報: www.gold-solarwind.de

免責条項

本報道資料は、米国の私募証券訴訟改革法1995(Private Securities Litigation Reform Act)で改正した証券取引法1934(Securities Exchange Act)の27A章に基づき、今後の展望および予想に関する内容を含んでおり、このような内容は、“will”, “expects”, “anticipates”, “future”, “intends”, “plans”, “believes”, “estimates”などの文句を含んでおります。また、本報道資料の引用文句には、会社の経営および展望などに関する内容を含んでおり、これによる危険性と不確実性によって、展望とは異なる結果を招く可能性がございます。詳細は、ハンファソーラーワンで米国証券取引委員会に提出した資料とForm 20-Fの年間報告書でご確認ください。法で規定する場合を除き、当社では本報道資料に対して追加情報を提供しなければならない、いかなる義務も負わないのとします。

Back to top