ハンファソーラーワン、グアテマラに6.2MW規模の太陽光モジュールを供給

太陽光モジュールのトップ企業、ラテン・アメリカでその地歩を強固に

[イスマニング(Ismaning)、2014年3月19日] 高効率の太陽光モジュールを競争力ある価格で供給する生産メーカー、ハンファソーラーワンが、スペイン企業のCobraとGransolarのコンソーシアムに高品質太陽電池72個を備えた6.2KM規模の太陽光モジュール(HSL72)を成功裏に供給し終えたことを本日発表しました。この太陽光モジュールはラスクルーセスとグアテマラのリオオンドに位置する新しいソーラーパークに設置される予定です。

GransolarとCobraは、再生可能エネルギー発電所の開発、建設、運営及びメンテナンスに特化した企業です。昨年、CobraとGransolaをはじめ南アフリカ共和国の企業であるKensaniは、ハンファソーラーワンの155MW規模の太陽光モジュールを南アのLetsatsi及びLesediソーラーパークに設置しました。プロジェクトは2014年上半期にも継続される予定です。

ハンファソーラーワンのイベリア地域における販売担当責任者であるRamon Petanasは、「わが社の長期的な取引顧客と新しい地域で一緒に事業を行えたことがとても嬉しい」とし、「太陽光産業の発展の可能性が高いラテン・アメリカで、GransolarやCobraという経験豊かなEPCと作業を共にしたことが、新興市場における太陽光設置作業に拍車をかけるための一助となることを願っています」と語りました。

ハンファソーラーワンGmbHのキム・メンユン常務取締役は、「ラテン・アメリカには非常に大きなチャンスが秘められており、当社はラテン・アメリカにおける存在感を更に堅固にするために必要な段階を踏んでいるところです」とし、「当社のヨーロッパ支社がラテン・アメリカで活動するヨーロッパの顧客を相手にすることに併せ、ハンファグループのグローバル販売網は各地域の地域代表性を提供しています」と語りました。

ハンファソーラーワンのHSLモジュールシリーズが最近、太陽光モジュールをブラジルに輸入するための必須条件であるImmetro認証を取得しました。

詳細情報:

ハンファ・プレスサービス(Hanwha Press Service)
A&R GmbH Landshuter Allee 10 D-80637 München
MinSoo Jang
電話: +49 (0)89 / 413 01 753
Eメール: HanwhaGermany@arpartners.com

レナ・バーグ(Lena Berg)
ハンファソーラーワンPRマネージャー
電話: +49 (0)89 / 2175 667 393
Eメール: lena.berg@hanwha-solarone.de

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne)

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne Co., Ltd.、NASDAQ:HSOL)は、世界最大のソーラーセル製造企業であり、世界最大のソーラーモジュール製造企業の一つで、コスト競争力の高い高品質ソーラーモジュールを提供しています。当社は、ハンファグループのフラグシップカンパニーであり、韓国最大規模の会社の一つです。ハンファソーラーワンは、第三者販売店ネットワークの拡大やOEM生産、システムの統合を通して、公共事業、商業、政府、そして住宅の市場でビジネスを展開しています。当社は、グローバルビジネスネットワークをヨーロッパ、北米、アジア、南米、アフリカ、中東に広げ、世界で強い存在感を維持しています。持続可能な環境に対する責任をもつ企業として、ハンファソーラーワンは、太陽光発電システムの引き取りとリサイクルプログラムのアクティブメンバーとして活動しています。2014年12月8日、全株式取得によるハンファQセルズの買収を発表しましたが、取引は2015年第一四半期に完了する見込みです(この取引の全ての開示情報については、証券取引委員会(SEC)への過去の報告書をご覧下さい)。

詳細情報: investors.hanwha-solarone.com

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

Gransolar

ヨーロッパやアフリカ、アメリカで活動するスペインの企業、Gransolarは、太陽光発電所の開発、エンジニアリング、供給、建設及び運営に特化した企業で、現在250MW規模の太陽光施設を竣工しました。

詳細情報: www.gransolar.com

Cobra

Cobraは、過去60年間、新しいプロジェクトの開発・建設から産業・エネルギー基盤施設のメンテナンスに至るまで、産業サービス部門や応用エンジニアリングの幅広い分野にわたり、リーディング・カンパニーとしての役割を果たしてきました。Cobraは、エネルギー及び上水道管網、電気通信システム、鉄道施設の設置、産業システム及びエネルギープロジェクトの先鋒に立っています。マドリッドに本社を置き、スペイン内の200支社と海外の60支社に2万名以上の専門家を雇用し、幅広いネットワークを構築しています。

詳細情報: www.grupocobra.com

免責条項

この報道資料には未来の見込みに対する記述が含まれています。この記述は、改正された1933年の証券法27A条と1934年の証券取引所法(Securities Act of 1933)21E条の意味の範囲内において、そして1995年の民事証券訴訟改革法(U.S. Private Securities Litigation Reform Act of 1934)が規定する「未来の見込みに対する」記述を含んでいます。このような未来の見込みに対する記述は「will」、「expects」、「anticipates」、「future」、「intends」、「plans」、「believes」、「estimates」及びこれに類する記述によって確認することができます。とりわけ本報道資料において引用された経営陣の言葉、企業運営やビジネスの展望等には、未来の見込みに対する記述が含まれています。このような記述には、その記述とは実質的に異なる結果が生じ得るリスクや不確実性が含まれています。このようなリスクや他のリスクに関連する追加情報は、ハンファソーラーワンが米国証券取引委員会(U.S. Securities and Exchange Commission)に提出した年次報告書(Form 20-F)等の資料に含まれています。法の求めがない限り、当社は、新たな情報や未来の事件、他の結果にかかわらず、将来の見込みに関するいかなる記述に対してもこれを更新しなければならない義務を負うものではありません。

ハンファソーラーワンは、「Gransolar紹介」、「Cobra紹介」、Gransolar又はCobraのビジネス、戦略や市場地位に関するいかなる情報も、個別的に立証したものではありません。ハンファソーラーワンは、このような情報の正確性又は完全性に対するいかなる責任も負いません。

Back to top