オーストラリアの太陽エネルギー:
動物園でのハンファQセルズ製モジュールの導入で二酸化炭素排出を大量抑制
  • - 動物園内の建物に100キロワットの園内消費用電力の太陽光発電プラントを設置
  • - メルボルン動物園は世界初カーボンニュートラルな動物園として認定を受ける
  • - Qセルズモジュールが少ない日射量でも性能を発揮
  • - ハンファQセルズオーストラリアは、政府が実施する再生可能エネルギー発電導入義務目標
    (Renewable Energy Target; RET)を批判


[オーストラリア メルボルン、2014年10月10日] メルボルン動物園は、世界で初めてカーボンニュートラルな動物園として認定を受け、さらに世界をリードする動物園を拠点とした環境保護組織を目指すべく、太陽光発電システムを今月導入した。園内の複数の建物に設置された3つの屋上型システムは、合計100キロワット(kW)を超える。この太陽光発電プラントは9月始めから、園内消費用の電力を安定して生み出している。

欧州最大手の太陽光発電プロバイダーのハンファQセルズは、390個のQセルズQ.PRO-G3 255を今回の導入に使用し、象とヒヒの飼育エリア及び本社建物に電力を供給している。この太陽光発電システムの設計・設置は、マディソン・オーストラリア社が手がけ、今回の設置によりビクトリア州22世帯分の電力消費量に値する年間140 MWhの電力を産出し、同時に年間およそ160トンの二酸化排出を抑制する。これによりメルボルン動物園は、世界で初めてカーボンニュートラルな動物園として、環境保護活動を実施する組織として認定リストに加えられた。

ケビン・タンナー園長は、太陽エネルギーの利用は当園の持続可能性への取り組みの一環だと話す。当園では、敷地の整備やトイレ洗浄のための水を確保するための水処理施設や、園内の廃棄物を庭園の堆肥へと変える大規模なコンポストプログラムを設けている。この画期的なコンポストプログラムでは、木の枝などの自然廃棄物や、象や草食動物の排泄物、園内ケータリングで使用される生物分解性パッケージを利用している。

「太陽光発電の能力を高めることは、私たちのエネルギー戦略の中で重要なポイントです」と、ケビン・タンナー園長は説明し、「カーボンニュートラルな組織として、持続可能性への取り組みが私たちの新たな成長において優先度を高めています」と加えた。当園の法人センターでは過去に、全ての白熱蛍光灯を省エネLEDに交換し、年間2万2,000 kWhの電力需要を6,200 kWhにまで削減することに成功している。太陽光発電システムを含めたこれらの取り組みが、オーストラリア政府が実施するカーボン・オフセット制度(National Carbon Offset Standard)のもとで、カーボンニュートラルな組織としての認定につながった。

商業向け高性能太陽光システムを設計を専門とするマディソン・オーストラリアのヨラス・ブリスコー取締役は「メルボルンには、年間平均してわずか46日の晴天日と139日の部分的晴天日しかありません。Qセルズモジュールは、わずかな晴れ間でも98%の効率性で最高のパフォーマンスを発揮しています。私たちにとって、この太陽電池パネルは自然な選択でした」と話した。

メルボルンにて、ハンファQセルズは再びその最先端モジュールの供給を果たした。この太陽光発電プロジェクトは、政治的な背景のなか特に注目された。オーストラリア政府は炭素税と鉱業税を廃止し、法定化した再生可能エネルギー発電導入義務目標(Renewable Energy Target)の引き下げへの懸念を産業に残した。政府は、複数の選択肢を推奨する政策の見直しには応じない意向を決め、これによって大量の雇用が危機にさらされると同時に、現在及び未来の投資にも影響を与える不安を生んだ。

クリーンエネルギー評議会(Clean Energy Council)のケーン・ソーントン実行委員長は、再生可能エネルギー発電導入義務目標のレベルの引き下げが将来消費者にとって電力価格の上昇につながり、また一般の人々が電気料金の節約を狙い太陽光発電などのテクノロジーを導入することをいっそう難しくさせる見通しがレビューによる経済分析結果によって示された、と話した。

「最新のレビュー結果によって、再生可能エネルギー発電導入義務目標に大きな変化を与える納得のいく議論はなされていません。専門家らは、もし政府が目標値のレベルを維持し現在の不確実さを収束させれば、産業は目標値を達成することができるだろうという見解を示しています。それにより、長期的な自信と関連セクターへの投資が回復するでしょう」

詳細情報:

ハンファQセルズGmbH
Sonnenallee 17-21
06766 Bitterfeld-Wolfen (OT Thalheim), Germany

コーポレートコミュニケーション
Jochen Endle, Robert Reinsch
電話: +49 (0)3494 6699 10121
Eメール: presse@q-cells.com

執行役員
Hee Cheul Kim (CEO), Kye Chun Son (CFO),
Dr. Andreas v. Zitzewitz (COO), Koo Yung Lee (CCO)

ハンファQセルズ

ハンファグループの2つの太陽光関連企業が合併し、2015 年2 月にハンファQセルズ(Hanwha Q CELLS、NASDAQ:HQCL)を発足。「Engineered in Germany」のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社の先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、ドイツにあり、セル生産能力は3.28GWで世界ナンバーワンである(2015 年2 月現在)。太陽光モジュール、システム開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など、太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/jp

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

Back to top