ソーラーファンパワーホールディングスはハンファソーラーワンになる

ソーラーファンは2011年にハンファソーラーワンと改名

  • - 企業理念の変更に伴い、ハンファとソーラーファンの共同を増大
  • - グローバル指導的ソーラー会社になるために、PV電池能力を1.3GWに拡大、そしてモジュール能力を1.5GWに拡大
  • - RIE(反応性イオンエッチング)およびSE(選択エミッター)を応用して、1%変換効率の向上の技術そして一年にUSD3億で営業利益を高める新技術。

[2010年12月21日] ハンファ ケミカル コーポレーション(HCC、KOSPI: KS009830)は今日、2010年12月16日にソウルのプラザホテルでソーラーファンの取締役会での承認と共にハンファ グループのシンボルマークとロゴを使用し、ソーラーファン パワーホールディングス(NASDAQ: SOLF、「ソーラーファン」)がソーラーファンのコーポレート アイデンティティを「ハンファ ソーラーワン」と改名する事に同意したと発表しました。

筆頭株主であるハンファ化学はコメントしています。「新しい社名は互恵的な協力関係の維持を固める事でしょう」そして、「高度な技術で将来性と開発への巨大な投資はハンファ ソーラーワンを両社からの世界的な相乗作用でソーラー業界の首藤プレーヤーのひとつに導く事でしょう。」

もう一歩前進するため、ハンファ ソーラーワンは来年、太陽電池容量を1.3 GWに、モジュール容量を1.5 GWに拡大し、この拡張のための8300万米ドルの資本再構成を首尾よく終えました。

ハンファ ソーラーワンはまた、2011年から太陽電池セル生産のRIE(反応性イオンエッチング)およびSE(選択エミッタ)技術をを適用する予定です。ハンファ ソーラーワンはこの技術の適用で1%で変換効率を向上させ、一年に3億米ドルの利益をあげると信じています。RIE技術はハンファ化学R&Rセンターで開発され、この適応はハンファとハンファ ソーラーワン間の現実的な相乗作用の始まりであると思われます。

RIE(反応性イオンエッチング)技術は太陽電池セル生産と全く異なります。反射を減らし変換効率を上げるために、水の表面を腐食させる薬品の代わりにプラズマを使用します。ハンファ化学R&Dセンターは2009年に韓国の太田にある太陽光発電技術リサーチ センターで試験設備を用意し、研究を開始し、2010年末にはこの技術の開発に成功しています。

それに加えて、ハンファ化学は、現在存在する生産の方法に比べ30%太陽電池セルの価格を削減する新技術、ダイレクトウェハー化技術である1366技術の共有を獲得しました。ハンファは経験とハンファ ソーラーワンの世界中の販売経路と共にハンファの技術的なベースと経済的な達成能力を組み合わせる事によってハンファ ソーラーワンを世界的主導ソラー企業に育てようとしています。この目標を達成するため、ハンファは2020年には60億米ドルを投資し、ハンファソーラーワンのモジュール容量を拡張します。

ハンファソーラーワンはまた、技術的なリーダーシップを保つため、PV R&D業界の業界のカリスマ的指導者、クリステンセン博士をハンファ ソーラーワンのCTOとして採用します。クリステンセン博士は今年末にハンファ化学R&Dセンターを訪れ、ハンファ化学の研究員とミーティングをし、2011年の1月には仕事を開始する予定です。

それとは別に、ハンファはハンファの経理理念と歴史についての講義と主要会員のビジネスの場所あたりを見るチャンスをあたえるためハンファ ソーラーワンのコア マネージャーを韓国のギャプユングにあるグループ トレーニング センターに招いています。

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne)

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne Co., Ltd.、NASDAQ:HSOL)は、世界最大のソーラーセル製造企業であり、世界最大のソーラーモジュール製造企業の一つで、コスト競争力の高い高品質ソーラーモジュールを提供しています。当社は、ハンファグループのフラグシップカンパニーであり、韓国最大規模の会社の一つです。ハンファソーラーワンは、第三者販売店ネットワークの拡大やOEM生産、システムの統合を通して、公共事業、商業、政府、そして住宅の市場でビジネスを展開しています。当社は、グローバルビジネスネットワークをヨーロッパ、北米、アジア、南米、アフリカ、中東に広げ、世界で強い存在感を維持しています。持続可能な環境に対する責任をもつ企業として、ハンファソーラーワンは、太陽光発電システムの引き取りとリサイクルプログラムのアクティブメンバーとして活動しています。2014年12月8日、全株式取得によるハンファQセルズの買収を発表しましたが、取引は2015年第一四半期に完了する見込みです(この取引の全ての開示情報については、証券取引委員会(SEC)への過去の報告書をご覧下さい)。

詳細情報: investors.hanwha-solarone.com

ハンファケミカル

ハンファケミカル(Hanwha Chemica)lは、韓国で初めてポリ塩化ビニル(PVC)や低密度ポリエチレン(LDPE)、クロールアルカリを製造した企業です。1965年の設立以来、石油化学の基本製品を製造し、半世紀に渡りさまざまな産業の基盤として展開してきました。ハンファケミカルは、韓国化学業界の成長を牽引し、世界市場で高まる需要に応えるため戦略投資を増やしています。

詳細情報: hcc.hanwha.co.kr/eng/index_eng.jsp

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

Back to top