ハンファエナジー

ハンファエナジーは、2007年に設立された環境にやさしい総合エネルギー企業です。

Hanwha Energy


電気とスチームを同時に生産し、エネルギーの利用率を高めるコージェネレーションプラントを運営しており、麗水(ヨス)国家産業団地と群山(グンサン)第2国家産業団地の入居企業に良質の電気と熱を安定的に供給し、入居企業の競争力向上に貢献しています。また、最新の技術を基盤に高効率エコシステムを実現し、エネルギー利用効率の増大及び温室効果ガスの低減という国家政策に積極的に取り組んでいます。

エネルギー事業の多角化を目標に、国内外の太陽光発電事業も推めています。このような努力の一環として日本大分県杵築市の24MW規模の太陽光発電事業に参加したほか、今後は欧州、東南アジア、米州地域などへと太陽光発電事業を拡大し、太陽光IPP(Independent Power Producer)としての確かな立地を固める計画です。さらには、海外民間発電事業と再生可能エネルギーに対する投資を準備し、韓国最高レベルのエネルギー専門企業を目指しています。

詳細情報については、下記のリンクをご覧下さい:

Back to top