キャリア

ハンファ先端素材グローバル営業マンの熱いビジネスライフ
ハンファ先端素材グローバル
営業マンの熱いビジネスライフ

「自動車素材部門、グローバルNO.1」のハンファ先端素材は、3月7日、グローバル・マーケティング・カンファレンスを開催しました。一週間のスケジュールで開かれたこのカンファレンスには、海外法人で活躍するハンファ先端素材のマーケティング及び営業担当者らが参加しています。R&Dセンターで各国のマーケティング状況を共有すると共に、今後のグローバル営業やマーケティングにおいての協力について議論する意義深い場となりました。このカンファレンスでハンファ先端素材は、本社と海外法人との関係を強化し、ハンファのコアバリューに基づいた倫理経営の基盤を改めて確認することができました。

ハンファ先端素材のグローバル人材の情熱あふれるハンファライフを、チェコ法人のFrank Vöge と米国法人のSean Kimにインタビューしました。
ハンファ先端素材の米国法人でセールズマネージャを担当しているショーン・キム(Sean Kim)
ハンファ先端素材の米国法人で
セールズマネージャを担当しているショーン・キム
「ハンファ先端素材の製品競争力は、価格・軽量化・性能です。」
私は、ハンファ先端素材の米国法人でセールズマネージャを担当しているショーン・キム(Sean Kim)です。ハンファには2013年から勤めていますが、「信用、誠実、挑戦、献身、正道」をコアバリューとする点が、私の価値観にも合う会社です。また、世界各地のハンファメンバーと協力するチャンスが多いこともあって、私はハンファ先端素材の仕事を楽しんでいます。
今回のグローバル・マーケティング・カンファレンスが、まさにその良い例と言えます。他地域のメンバーに会い、それぞれの法人が進めているビジネス状況や全世界で存在感を増しているハンファ先端素材について、いろいろ話し合うことができました。また、私の個人的な経験だけでなく、米法人の今後の事業目標、それに伴う計画と戦略について共有することができ、大変意義深い時間でした。そういうことから、今回のカンファレンスは非常に生産的だったと思います。お互いの経験と顧客に対するインサイトを共有し、セールズの面でより大きなグローバル・ピクチャーを描くことができたからです。

ハンファ先端素材は、実に飛躍的は発展を遂げています。自動車用軽量化製品のGMTやLWRT以外にも、新素材及び新製造工法(building methods)の開発に注力しており、これらをもとにお客様に、「価格、軽量化、性能」において一層優れた価値を提供できるはずです。

今後、世界最高のインハウスサプライヤーとして成長するために、セールズ・ポートフォリオを多様化する計画を立てています。私の目標は、より多くのグローバル自動車メーカーと協力することですが、必ず達成することができると自負しています。私達は、全世界から集まった人々と共に仕事をしているので、ハンファという一つ屋根の下で同じ価値を共有し、目標に向かって進んでいけば、何事も必ずしや成し遂げることができると思います。
チェコにあるハンファ先端素材の欧州法人HAEU(Hanwha Advanced Materials Europe)でセールズ・マネージャを担当しているFrank Vöge
チェコにあるハンファ先端素材の欧州法人
HAEU(Hanwha Advanced Materials Europe)で
セールズ・マネージャを担当しているFrank Vöge
「ハンファ先端素材ヨーロッパでフランクの挑戦は通じた!」
私は、チェコにあるハンファ先端素材の欧州法人HAEU(Hanwha Advanced Materials Europe)でセールズ・マネージャを担当しているFrank Vöge です。ハンファに入社して約2年半になりますが、現在欧州地域事業部で自動車部品素材の販売を担当しています。

私のウォークライフを一言で表現すれば、ハンファのコアバリューの一つ「挑戦」になるのではないかと思います。営業は、顧客のニーズをもとに、より最適かつ最高のソリューションを提案しなければならないので、常に様々な挑戦に直面するからです。
入社後、与えられた最初の挑戦課題は、フォルクスワーゲングループとパートナーシップを締結することでした。すべてのエネルギーをフォルクスワーゲングループに集中した結果、フォルクスワーゲングループは、ハンファ先端素材が国際的競争力を備えた潜在的パートナーとして無理がないことを認識し始めました。他パートナー社との契約締結には多くの場合1~3年かかると言われましたが、私たちはもっと短い期間で世界的な自動車メーカーであるフォルクスワーゲンとパートナーシップを結ぶことができました。

私は、ハンファ先端素材の「垂直系列化」に競争力があると思います。垂直系列化とは、原材料から半製品製造および販売までのすべてプロセスを一つの企業が一貫して行う体系ですが、私はハンファほどのレベルまで垂直系列化を達成した企業は、他にないと自負します。企業がすべての工程プロセスを理解し責任を取るという点で、当社は業界で「信頼できる企業」というイメージを構築することができましたし、その結果欧州マーケットにおいて短期間で目覚しい成長を達成することができたのです。

当社の取引先はみなグローバル企業であるため、私達に必要なのは、革新的で挑戦的なグローバル成長戦略です。企業基盤を一層強固にする上で基本となる「技術力」を高めるための投資が、やはり大事です。今回、グローバル・マーケティング・カンファレンスでR&Dセンターを訪問したとき、この数年間で達成した技術の成果に圧倒され、私はハンファの一員であることにプライドを持つことができました。これまでの努力が今後も続くならば、ハンファ先端素材は5年後、ヨーロッパのOEMビジネスにおいて一層堅固なポジションを確保することができると思います。
Back to top