ハンファ生命、フィンテック・スタートアップ企業のインキュベーター「ドリームプラス63」オープン

  • 63ビル(ソウル)にフィンテック・スタートアップ企業11社が入居、ビジネスモデル開発
  • オフィススペースの提供はもちろん、サポート人材が常駐し、金融会社との事業提携、
    海外進出、法律、会計/税務など最適な育成プログラムを提供
  • 若年層の起業支援および雇用創出、フィンテック生態系の活性化に貢献する新しい
    形の社会貢献活動

「ドリームプラス63ハンファ生命フィンテックセンター(DREAMPLUS 63)」オープニングセレモニー

[2016年10月12日] 12日(水)午後、ハンファ生命のフィンテック育成センターである「ドリームプラス63ハンファ生命フィンテックセンター」のオープニングセレモニーが63ビルで行われた。ハンファ生命は、当センターの発足を通して、若年層の起業支援やフィンテック生態系の活性化のために、新しい形の社会貢献活動を本格的にスタートする方針である。

ハンファ生命は、フィンテックセンターに入居するスタートアップ企業を選定するため、7月に公開募集、8月~9月には事業内容の検討と面接を行い、11社のスタートアップ企業を選定した。選ばれた企業は、ロボアドバイザー、資産管理、金融商品の仲介、格付け、セキュリティーなど多様な領域のアイデアをビジネスモデルとしている。

暗証番号の暗号化技術でユーザー認証ソリューションを生成する「センストン」の代表は、「フィンテック、ビッグデーターを連携した中金利融資、顧客管理アプリケーションを発売するなど、ハンファ生命はフィンテックにもっとも積極的な企業であるため、フィンテックセンターへの期待が大きい」として、「専任者により体系的なコミュニケーションや支援が行われているため、金融企業との事業提携に関する活発な議論が行われ、商品の発売時期を前倒しできるだろうと期待している」と述べた。

DREAMPLUS 63

ドリームプラス63ハンファ生命フィンテックセンターは、63ビル4階のフロア全体(930坪)を利用する韓国最大規模のフィンテックセンターである。スタートアップ企業11社が使用する独立したオフィススペースはもちろん、150人以上収容可能な多目的イベントホールもある。大会議室が2室、多様な大きさの小会議室が6室あり、自由にくつろげる休憩室も備えている。

また、ハンファ生命フィンテックセンターでは、入居するスタートアップ企業ごとに専任の担当者を配属し、
ハンファ生命を始めとする金融会社との事業提携を密着サポートする予定である。そのほかにも関連する専門の
パートナー会社との協業により、法律、会計/税務、知的財産権などのコンサルタントサービスも提供する。

グローバルネットワークを活用した海外進出支援はハンファ生命フィンテックセンターのさらなる強みである。
アジアへの進出を希望するスタートアップ企業を、ハンファグループのグローバルネットワークを活用し、
現地のパートナーに斡旋するだけでなく、通訳、法務検討など、現地の事業化に必要な支援もサポートする。
米国、イギリス、シンガポール、イスラエルの有名ベンチャーキャピタルとの投資誘致のチャンスも
提供している。この日のオープニングセレモニーの前にも、中国のシャンダ・グループ、イーダ・グループ、
シンガポールのゴールデンゲートベンチャーと入居するスタートアップ企業が、スタートアップ企業の価値を
高める方法や海外進出の際の注意事項などについて意見交換をした。

ハンファ生命の車南圭(チャ・ナムギュ)代表取締役社長は、「ハンファ生命は、フィンテックセンターの発足に
よって、フィンテック生態系の活性化はもちろん、若年層の起業支援、雇用創出に貢献することを目標と
している」として、「これからもハンファ生命は、フィンテックセンターに入居したスタートアップ企業が
実質的な実績を出すことができるよう最適なサポートを提供し、金融イノベーションの新たな流れを
つくっていくために着実に取り組んでいきたい」と語った。

オープニングセレモニーが行われる前の5日(水)には、イギリス最大のフィンテック専門投資企業である
アンジミスグループのナディーム・シャイク会長訪問団が、フィンテックスタートアップへの投資および
支援のためのパートナーシップの一環として、「ドリームプラス63ハンファ生命フィンテックセンター」を
訪問している。

ナディーム・シャイク会長訪問団は、ハンファ生命フィンテックセンターに入居するスタートアップ企業を
対象に、グローバル・フィンテックトレンドに関するインサイトを提供し、入居企業ごとに個別の提言を
行う場を設け、今後も引き続き「ドリームプラス63」のグローバルパートナーとして活動する計画を示した。

ハンファ生命は、昨年末からアンジミスグループとの戦略的協業関係を構築しており、今月中、
アンジミスグループが運営する「アンジミス・ベンチャー・ファンドⅠ」に1,000万ドルの投資を
委託する契約を締結する予定だ。

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには61の系列会社と325の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。65年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top