ハンファQセルズコリア、全国のガソリンスタンドに太陽光発電所設置

  • 韓国ガソリンスタンド協会、ドンウォンEnC、ダステック、ジョンブック銀行とともにガソリンスタンドの遊休スペースを活用する太陽光発電所設置のための了解覚書を締結
  • ガソリンスタンドの屋上を活用して国土使用の効率性向上、全国分散型発電も実現可能
  • ハンファQセルズコリアのチョ・ヒョンス代表取締役、「ガソリンスタンドの太陽光発電所は、在来型エネルギーである石油を供給する場所に再生可能エネルギーの太陽光発電設備を設置するハイブリッド型ビジネスとして象徴性がある」

[2018年6月1日] ハンファQセルズコリア(代表取締役・チョ・ヒョンス)は、5月24日14時に大田(デジョン)のラオンコンベンションホテルで、韓国ガソリンスタンド協会(中央会会長・イ・ヨンファ)、ドンウオンEnC(代表取締役カン・ジュンホ)、ダステック(代表取締役クム・マンヒ)、全北(ジョンブック)銀行(頭取イム・ヨンテック)とともに「ガソリンスタンド太陽光発電」事業のための了解覚書(以下、MOUという)を締結する。協約式には、約100人の主要関係者が参加する予定だ。

このMOUで、韓国ガソリンスタンド協会はガソリンスタンド事業者に事業モデルを広報、契約を仲介し、ドンウォンEnCは発電所を施工、ハンファQセルズコリアは太陽光モジュールを供給、ダステックはインバーターを提供する。全北銀行は、発電所の設置に必要な金融支援をする。

ガソリンスタンド太陽光発電所は、ガソリンスタンドの屋上のような遊休スペースを活用するため、国土を有効活用するというメリットがある。また、太陽光発電の長所である分散発電を全国的に実現することができる。ガソリンスタンドは、周辺の施設より構造物が高いことから陰が少なく、太陽光発電に有利である。また、アクセシビリティが高いため、設置及びメンテナンスがしやすく、電力会社(韓国電力)系統との連係が容易である。事業主には、既存の施設物に太陽光発電を設置することで、RECポイント(再生可能エネルギー供給認定書、Renewable Energy Certification)が1.5倍になる特典が与えられる。

すでに海外では、ガソリンスタンドの太陽光発電所に対する活発な投資が行われている。フランスのエネルギー企業トタルは、2016年、今後5年内に世界の5,000ヶ所のガソリンスタンドに、計200MWの太陽光発電所の設置を目指して3億ドルを投資した。また、アラブ首長国連邦国営石油会社のENOCグループは、2017年にドバイからスタートして、今後新設されるすべてのガソリンスタンドに太陽光発電所を設置する予定だ。韓国では、全国の13,000ヶ所のガソリンスタンドに約300MWの太陽光発電設備が設置可能だ。生産される電力は、3,000億ウォン相当であり、年間9万世帯以上に電力を供給することができる。

ハンファQセルズがドイツ・フランクフルトのガソリンスタンドの屋上に設置した太陽光パネル

ハンファQセルズがドイツ・フランクフルトのガソリンスタンドの屋上に設置した太陽光パネル

ハンファQセルズコリアのチョ・ヒョンス代表取締役は、「ガソリンスタンドの太陽光発電所は、在来型エネルギーの石油を供給する場所に再生可能エネルギーである太陽光発電所を設置するハイブリッド型ビジネスであるという面で象徴的である」とし、「多様なビジネスを通して太陽光発電を汎用化し、マーケットのすそ野を拡大したい」と述べた。

ハンファQセルズコリア

2011年に発足したハンファQセルズコリアは、太陽光のダウンストリーム分野の専門企業であり、太陽光発電所の開発、建設、運営などを網羅する統合ソリューションを提供しています。同年、韓国昌原に当時としては韓国最大規模の屋根型太陽光発電所を完工したのに続き、排水ポンプ場、遊休道路、水再生センターなどの遊休敷地を活用した太陽光発電所を建設し、環境にやさしい経済効果を創出してきました。2012年には全羅南道の廃道路敷地に年間約1,000世帯が同時に使用可能な電気を生産することができる、3基合わせて2.5 MW規模の太陽光発電所を建設、また同年に光州の山水排水ポンプ場の遊水池に2 MW規模の太陽光発電所を竣工しました。他にも、産業団地内の水路上部を活用した霊巌テクノポリス太陽光発電所(6 MW)、下水ろ過施設の上部を活用した西南水再生センターの太陽光発電所(3 MW)、駐車場のシェードを兼ねる大田の屋根型発電所(1 MW)などを手掛け、太陽光発電所の敷地の新しい活用法を提案してきました。また最近では、忠淸北道鎮川郡に1.5 GW規模の太陽電池工場の建設が決まり、年内の竣工を目指しています。

詳細情報: www.hanwha.com/solar

セーフハーバーポリシー

このプレスリリースは、改定された米国1933年証券法第27条Aおよび改定された米国1934年証券取引所法第21条Eの意味で、米国1995年民事証券訴訟改革法に定義される「将来予想に関する記述」に該当します。将来予想に関する記述は、「だろう」、「期待する」、「予想する」、「将来」、「意図する」、「計画する」、「考えられる」、「見積もる」などの語句や、類似の記述により特定できます。また、このプレスリリースでの管理部門の発言や、企業運営やビジネス展望にも将来予想に関する記述が含まれます。これらの記述は、実際の結果が将来予想に関する記述に記載された内容と大幅に異なる可能性のある一定のリスク及び不確実性を含んでいます。詳細については、米国証券取引委員会に提出済みのHanwha SolarOneの報告書(様式20-Fの年次報告書を含む)をご参照ください。当社は新たな情報、将来の事象、またはその他の結果に関わらず、法的な要求がない限り、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top