ハンファテックウィン、韓国セキュリティー業界初のブランド体験館オープン

「Wisenet Experience Center」オープニングセレモニー

[2016年8月17日] ハンファテックウィン(セキュリティー・産業用装備部門代表取締役・金哲教(キム・チョルギョ))は、韓国セキュリティー業界初のセキュリティーブランド体験館「Wisenet Experience Center」をオープンした。

「Wisenet Experience Center」は、ハンファテックウィンのセキュリティー事業ブランドである「ワイズネット(Wisenet)」の製品、技術、ソリューションにいたるすべてを、顧客がワンストップで経験できるよう設計されている。

ソウル郊外のパンギョに位置するハンファテックウィンR&Dセンター内にある「Wisenet Experience Center」は、約274m2の規模に4つのゾーンが設けられている。セキュリティービジネスの内容や歴史を一目で確認できる「Introduction Zone」、「Wisenet」シリーズの製品を映像とともに紹介する 「Product Zone」、コア技術と優れた品質を確認できる「Core Tech Zone」、さらに「Solution Zone」には顧客のニーズに合わせ製品や技術をカスタマイズした実例を紹介している。

今回体験館の構築を担当したハンファテックウィンのデザインチーム長は、『「安全」という価値をお客様に直に体験していただく事が、このプロジェクトにおいてもっとも重視した部分である。セキュリティー業界の関係者にはもちろん、一般の方にもオープンする計画であり、「Wisenet Experience Center」を通してセキュリティーの重要性を認識していただく契機になればと思う』と語った。

ハンファテックウィンは、「Wisenet Experience Center」のオープンを通して、ワイズネットのブランドパワーを強化する一方、革新的な製品やソリューションを持続的に発売することで、グローバルセキュリティーリーダーとしての地位を固める方針だ。

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには61の系列会社と325の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。65年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top