ハンファの会長はG20の再生可能資源のポートフォリオ標準を提案


[2010年11月11日] ハ ンファグループの会長キム スンジョウン氏はソウルG20ビジネスサミット及び主要なG20に並行して行なわれているB20で財政分科会荷台表として派遣されました。他の代表とミーティグ中キム氏は、G20メンバーが一様な再生可能エネルギー·ポートフォリオ基準を採用し、G20グリーンな自由貿易協定で作成するよう要請しました。

再生可能エネルギー·ポートフォリオ基準及びRPSは再生可能エネルギーのあらかじめ設定された最初限のクォーター購入することをエネルギー生産者に義務づけます。 イギリスやイタリア、日本、オーストラリア、韓国(ハンファが基盤にしている韓国では2012年にRPSが採用される)既に採用されているものと類似した一様なRPSをキム氏はG20が採用すると信じています。

キム氏はG20の全域でRPSの実行は加速され再生可能エネルギー生産が2015年には10%、2020年には20%を目標にするだろうと示唆しています。彼は偉大な投資を促進し、効率を高める再生可能エネルギーのための大規模な世界市場を形作る事が必要であると強調しています。キム氏はまた、グリーン業界で世界的な貿易バリアを取り除くG20グリーンな自由貿易協定の制作のため呼ばれました。キム氏は 再生可能エネルギー製品や機器に課せられている関税とその他の規制が再生可能エネルギーの大規模な世界的市場からの援助のために取り除かれるべきであると言います。

キム氏はまた、 出口戦略と金融規制のリフォーム調整を話し合うため他の財政分科会のワーキンググループに参加しました。自由貿易協定(FTA)は積極的に追求されるべきであり、既にFTAの承認が同意されていると彼はミーティングで言っています。

Kimが会った何人かの外国のビジネスリーダーはCiti Group のCEOであるVikram Pandit氏、 Alstom の会長 Patrick Kron、スウェーでンの2番目に大きな銀行SEBの会長Marcus Wallenberg、ロイアルダッチシェルのCEOです。夜の歓迎会では、キム氏は韓国のビジネスリーダーを代表し、彼らを代表し出席した事への名誉に乾杯しました。

分科会では、Kimは今年のはじめにグループに入った彼の長男Kim Dong-kwanを伴っていました。彼は世界経済についてもっと学ぶため、またハンファのために将来のビジネスを発掘するために、ダボスでの世界財政フォーラムをはじめ、より国際的なビジネスイベントに姿を現しています。

ソウルG20ビジネスサミット2012年の11月に始まり、ソウルのシェラトンウォーカーヒルホテルで開催されました。卓越したビジネス、政治経済のリーダーを世界中から寄せ集めました。

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには61の系列会社と258の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。65年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top