Hanwah ハンファウェブサイト/ニュースルームアクセスサーベイ。 皆さまからの貴重なご提言・コメントをウェブサイトやニュースレターに反映いたしますので、下記の「アンケートはこちら」にぜひご協力ください。アンケートはこちら

ハンファQセルズ、ヨーロッパで6年連続・オーストラリアで4年連続「Top Brand PV Seal」受賞

  • グローバルリサーチ機関であるEuPD Researchの顧客調査で、ブランド認知度や管理、市場浸透率などの面で高いスコアを記録し、ヨーロッパとオーストラリアで連続受賞
  • 専門代理店プログラムであるQ.PARTNERに、欧州地域の1000社以上のパートナー会社が加盟、顧客のニーズに即時に対応することで顧客満足度アップ
  • ハンファQセルズゴルフチーム、RBライプチヒサッカーチームへのスポンサーシップによるスポーツマーケティングで、消費者との接点においてブランド認知度を強化


[2019年2月7日] ハンファQセルズは、ヨーロッパで6年連続、オーストラリアで4年連続「Top Brand PV Seal」を受賞した。このアワードは、太陽光専門のリサーチ機関である「EuPD Research」(以下、EuPDという)が、ヨーロッパとオーストラリアの太陽光モジュール業界を対象に、ブランド認知度や管理、市場浸透率などをリサーチし授与する賞で、ハンファQセルズは、連続受賞したことで、グローバルマーケットにおける高い顧客満足度とブランドパワーを証明した。

EuPDは、2010年にドイツでリサーチを始めて以来、毎年、太陽光モジュール、インバーター、エネルギー貯蔵システムの3つの製品群を対象に「Top Brand PV Seal」を選定している。ハンファQセルズは、2012年のハンファグループのドイツQセルズ買収合併以降、毎年ヨーロッパで賞を獲得している。EuPDがリサーチ範囲をオーストラリアにまで拡げた2016年からは、オーストラリアでも毎年同アワードを受賞している。ハンファQセルズのブランドパワーが、ヨーロッパとオーストラリアで高く支持される背景には、ハンファQセルズの圧倒的な技術力と現地に適した効果的な営業マーケティング戦略が挙げられる。

ハンファQセルズは、QセルズのオリジナルQ.ANTUM技術で太陽子モジュールの高出力と長期的な安定性を確保している。ハーフセルで抵抗を下げ、出力を高くしたQ.PEAK DUOモジュールは、ヨーロッパと米国、日本といったエネルギー先進国を中心に、住宅用および産業用プレミアムマーケットで高い販売実績を記録している。ハンファQセルズは、これからも持続的な研究開発と品質改善で、顧客の満足度を高め、グローバルマーケットにおける影響力を強化していく計画だ。

ハンファQセルズの専門販売店であるQ.PARTNERによる現地に特化した営業戦略も、重要な役割を果たしている。Q.PARTNERは、販売店にオンライン・オフラインの研修、マーケティング資料の提供など、各種セールスをサポートするプラグラムで、ヨーロッパだけでも1,000以上の販売店が加盟しており、顧客のニーズに対する迅速な対応で顧客満足度を高めている。オーストラリアでは、昨年9月に同プログラムを導入しており、これまで50以上の販売店が登録し、活発な営業活動を展開している。

また、ハンファQセルズは、スポーツマーケティングを通してエンドユーザーとの接点におけるブランドパワーを強化している。ハンファQセルズのゴルフチームは、昨年1月に発足、これまで通算5回優勝している。9月には、ドイツ・ブンデスリーガで新しく台頭しているRBライプチヒとスポンサーシップ契約を延長し、スタジアムモニター広告、ダグアウト広告、専用VIP観覧席など既存の権利を維持し、世界的なサッカーゲームであるFIFA19にロゴマークを露出する権利を新しく取得した。ハンファQセルズは、スポーツマーケティングを通してヨーロッパとオーストラリアをはじめとするグローバルマーケットにおけるブランド認知度を強化する一方、消費者中心の住宅用太陽光市場を中心にプレミアム太陽光市場への進出に拍車をかける計画だ。

ハンファQセルズの金熙喆(キム・ヒチョル)代表取締役は、「ハンファQセルズが長年にわたって顧客の信頼を得ることができたのは、たゆまぬ技術革新と顧客中心の製品ポートフォリオの開発、現地に最適化された営業マーケティング戦略にある」として、「これからも顧客満足を最優先の価値として、原価や性能、品質の面で、世界最高レベルの製品を提供し、グローバル顧客に親密感と信頼感を与えるブランドになるよう取り組んで行きたい」と語った。

一方、ハンファQセルズは、昨年6月、ドイツ・ミュンヘンで開かれた「インターソーラーアワード」で、Q.PEAK DUO製品を基盤に、太陽光モジュールメーカーとしては唯一受賞しており、グローバル太陽光産業をリードする差別的な技術力を立証している。また、ハンファQセルズは、2018年、再生可能エネルギー強国であるドイツにおいてマーケットシェア1位を達成、ヨーロッパをはじめとするグローバルマーケットでのブランドパワーを示した。韓国では、昨年11月、韓国消費者協会が選定する「2018大韓民国消費者大賞」の「グローバル・ベスト・カンパニー」部門を受賞、その技術力と品質が認められている。

ハンファQセルズ

「フォーチューン・グローバル500」に選出され、韓国のトップ10企業であるハンファグループ内の太陽光関連企業2 社を統合し、2015年2月にハンファQ セルズ(NASDAQ:HQCL)を設立。”Engineered in Germany“のブランドコンセプトのもと、ドイツのR&D本社から先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシアと中国にあり、2018年第1四半期時点でセル/モジュール生産能力は8GWを誇る。太陽光セル・モジュール・システムの開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/ja

セーフハーバーポリシー

このプレスリリースは、改定された米国1933年証券法第27条Aおよび改定された米国1934年証券取引所法第21条Eの意味で、米国1995年民事証券訴訟改革法に定義される「将来予想に関する記述」に該当します。将来予想に関する記述は、「だろう」、「期待する」、「予想する」、「将来」、「意図する」、「計画する」、「考えられる」、「見積もる」などの語句や、類似の記述により特定できます。また、このプレスリリースでの管理部門の発言や、企業運営やビジネス展望にも将来予想に関する記述が含まれます。これらの記述は、実際の結果が将来予想に関する記述に記載された内容と大幅に異なる可能性のある一定のリスク及び不確実性を含んでいます。詳細については、米国証券取引委員会に提出済みのHanwha SolarOneの報告書(様式20-Fの年次報告書を含む)をご参照ください。当社は新たな情報、将来の事象、またはその他の結果に関わらず、法的な要求がない限り、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

ウェブサイト/ニュースルームアクセスサーベイ アンケートはこちら Close banner
ハンファウェブサイト/ニュースルームアクセスサーベイ
貴殿とハンファの関係を次の中からお選びください。
Close popup
Back to top