製品とサービス > 系列企業

ハンファイーグルス

ハンファイーグルスは、1985年に韓国野球委員会(KBO)の7番目の球団として設立されました。イーグルスの本拠地は、韓国の大田(テジョン)にあるハンファ生命イーグルスパークです。本球団はこの球場により、大田(テジョン)および忠清南道(チュンチョンナムド)地域で最も注目されるスポーツ団体となっています。

本球団は1985年にビングレ・イーグルスとして設立された後、1993年にハンファイーグルスに改名しました。

Hanwha Eagles


ハンファイーグルスは、1985年に韓国野球委員会(KBO)の7番目の球団として設立されました。イーグルスの本拠地は、韓国の大田(テジョン)にあるハンファ生命イーグルスパークです。本球団はこの球場により、大田(テジョン)および忠清南道(チュンチョンナムド)地域で最も注目されるスポーツ団体となっています。

本球団は1985年にビングレ・イーグルスとして設立された後、1993年に ハンファイーグルスに改名しました。
は、1999年に第1回韓国シリーズ決勝戦を勝利した後、2006年を含む5回のシーズンで準優勝をしている、KBOの主力チームの1つです。

イーグルスは、2005年から2007年まで3年連続でプレーオフに進んだ、韓国野球史上で初めてのチームとなりました。同チームのメンバーは韓国代表チームの中心となり、ワールド・ベースボール・クラシックでは2006年に準決勝に進み、また2009年には準優勝し、ファンを唸らせました。本球団はその歴史を通して、多くの伝説的プレイヤーを育ててきました。こうした選手の中には、KBOで初めてMLBに移籍した柳賢振(リュ・ヒョンジン)選手がいます。

ハンファイーグルスは、韓国の上位プロ野球チームの1つとして、ファンの示す愛情や期待に応えようと、常に健闘してきました。イーグルスは、チーム成績のレベル向上と、新たなファンの獲得に向けて、2014年にチームの監督として金星根(キム・ソングン)を招聘しました。ハンファイーグルスは、得点にはこだわらず、毎回の試合で最高の守備を見せることで、ファンや地域社会に最高の楽しさを届けることを常に目標としています。同チームはグラウンドの外では、地域社会発展のための取り組みにおける重要なパートナーとして、さまざまなCSR活動を行っています。

詳細情報については、下記のリンクをご覧下さい:

Back to top