ハンファQセルズ、世界のクリーン
エネルギーの導入を促す「GGGIエネルギーフォーラム2017」を共同開催

  • グローバルグリーン成長研究所(GGGI)とエネルギー専門家、政策立案者、企業が世界のエネルギー転換について議論
  • 100%再生可能なエネルギー源による電力供給は実現可能であり、現在のエネルギー
    モデルに比べて経済性も優れる。


[2017年11月24日] グローバルグリーン成長研究所(GGGI)とハンファQセルズの共同主催による「GGGIエネルギーフォーラム2017」が11月24日、ソウルで開かれた。「グリーンエネルギー: 持続可能な世界への転換(Green Energy – Energizing a Sustainable World)」というテーマで開かれたGGGIエネルギーフォーラムは、完全な再生可能エネルギーへの転換を模索するために世界各国のエネルギー専門家や政策立案者、企業が一堂に会し、グリーンエネルギー、再生可能エネルギー、金融関連の専門知識と経験を共有する議論の場となった。

再生可能エネルギーの価格が持続的に下落する中、世界各国におけるエネルギー転換の状況は、当初の予想を上回る速いスピードで進んでいる。風力と太陽光発電は、すでに最低価格の電力源となっており、蓄電技術も後を追うかたちとなっている。再生可能エネルギー分野の破壊的な技術革新と気候変動、大気汚染、貧困、難民危機などに対する実質的な解決策の模索は、エネルギー転換の時期を前倒ししている。

今般のGGGIエネルギーフォーラムは、基調講演をはじめ、各国の参加者が低炭素、再生可能経済への転換に対するそれぞれの国のノウハウを共有するセッションが設けられ、活発なディスカッションが行われた。

特に韓国政府が打ち出している代替エネルギー源への転換を中心とするエネルギー政策の紹介は注目の的となった。韓国全体の電力生産において太陽光や風力などの再生可能エネルギーが占める割合は、現在2%に過ぎないが、石炭火力発電所と原子力発電所は、それぞれ40%と30%の電力を生産している。政府は、再生可能エネルギーの導入を促す政策を強力に推進している。

1998年から2013年までドイツ連邦議会の議員を務め、今はエナジー・ウォッチ・グループ(Energy Watch Group)の会長を務めているハンス=ヨセフ・フェル氏は、本人の発議で制定された再生可能エネルギー法(Erneuerbare-Energien-Gesetz、EEG)について発表した。フェル会長は、韓国が段階的に脱原発を進め、再生可能エネルギーへと成功裏に移行する方策についての見解も示した。フェル会長は、「気候変動を効率よく改善するためには、数十年内に世界がゼロエミッション経済に転換することが求められる」とし、「100%再生可能エネルギーによる電力生産への転換は、一年中実現可能であるだけでなく、既存の化石燃料や原子力発電よりコストの面でより効率的である。これらに対するエネルギーワッチグループの研究結果は、先日ドイツのボーンで開かれた国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議でも発表された」と語った。

グローバルグリーン成長研究所(GGGI)

グローバルグリーン成長研究所(GGGI、本部:韓国ソウル)は、国家間の条約に基づく国際機関である。経済成長と持続可能な環境のバランスを重視する新経済成長のパラダイムとしてグリーン成長の促進に注力している。発展途上国の従来の成長パラダイム(産業発展を基盤とする)に代替するグリーン成長の計画樹立に関する研究やステークホルダーの活動をサポートしている。貧困退治、雇用創出、社会統合、環境の持続可能性の同時達成を目標とするグリー経済成長を支援する目的で設立された。GGGIは、国の経済開発の優先順位と国際的コミットメントの実施を支援するグリーン成長モデルの開発、資金調達および主流化を支援する包括的な製品とサービスを提供している。

ハンファQセルズ

ハンファグループの2つの太陽光関連企業が合併し、2015 年2 月にハンファQセルズ(Hanwha Q CELLS、NASDAQ:HQCL)を発足。「Engineered in Germany」のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社の先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、ドイツにあり、セル生産能力は3.28GWで世界ナンバーワンである(2015 年2 月現在)。太陽光モジュール、システム開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など、太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/ja/qcells-office

セーフハーバーポリシー

このプレスリリースは、改定された米国1933年証券法第27条Aおよび改定された米国1934年証券取引所法第21条Eの意味で、米国1995年民事証券訴訟改革法に定義される「将来予想に関する記述」に該当します。将来予想に関する記述は、「だろう」、「期待する」、「予想する」、「将来」、「意図する」、「計画する」、「考えられる」、「見積もる」などの語句や、類似の記述により特定できます。また、このプレスリリースでの管理部門の発言や、企業運営やビジネス展望にも将来予想に関する記述が含まれます。これらの記述は、実際の結果が将来予想に関する記述に記載された内容と大幅に異なる可能性のある一定のリスク及び不確実性を含んでいます。詳細については、米国証券取引委員会に提出済みのHanwha SolarOneの報告書(様式20-Fの年次報告書を含む)をご参照ください。当社は新たな情報、将来の事象、またはその他の結果に関わらず、法的な要求がない限り、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top