ハンファQセルズ、「Top Brand PV Europe Seal」を5年連続受賞

  • ハンファQセルズ、ヨーロッパで5年連続・オーストラリアで3年連続「Top Brand PV Europe Seal」を受賞
  • ハンファQセルズ、太陽光発電モジュールのインストーラー(施行企業)から優れた品質・サービスが認められる
  • EuPD、ハンファQセルズの「ブランド認知度、顧客満足度、製品推薦度、そしてマーケットシェアにおける持続可能性」を強調
太陽光トップブランドアワード2018ヨーロッパ(左)、太陽光トップブランドアワード2018オーストラリア(右)

太陽光トップブランドアワード2018ヨーロッパ(左)、太陽光トップブランドアワード2018オーストラリア(右)

[2018年3月26日] 2018年3月14日、ドイツのビッターフェルト - ヴォルフェン(Bitterfeld-Wolfen)ハンファQセルズは、EuPDが実施する「Top Brand PV 2018」において「Top Brand PV Europe Seal」を5年連続で受賞した。このアワードは、ヨーロッパ内の太陽光モジュール業界を対象にリサーチして受賞者を選定する賞で、ハンファQセルズがマーケットを主導し最高品質とサービスを提供するブランドであることの証となった。ハンファQセルズはドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、イギリスでTop Brand PV Sealを受賞し、ヨーロッパのみならずオーストラリアでも3回連続受賞した。

ヨーロッパとオーストラリアでナンバー1の評価

ヨーロッパの先導的なリサーチ機関であるEuPDは、ヨーロッパなど特定のグローバルマーケットの太陽光モジュールの施行企業を対象に行ったGlobal PV Installer Monitorリサーチに基づいて受賞者を選定した。調査の結果によると、ハンファQセルズは2014年に初めてTop Brand PV Europe Sealを受賞して以来、ヨーロッパとオーストラリアのマーケットでしっかりと基盤を固めているとのポジティブな評価があり、当調査に参加した多くの会社がハンファQセルズの優れた製品とサービス品質を高く評価した。

EuPDのCEOマーカス・ホーナー(Mark A.W. Hoehner)は、「8年間Top Brand PV Sealを表彰してきたが、ハンファQセルズほど継続して優秀な評価を受け続ける企業はあまりない」と述べた。また、「ハンファQセルズはブランド認知度や顧客満足度、製品推薦度、そしてマーケットシェアの面において持続的に良い実績を出している」と付け加えた。

ハンファQセルズの南晟宇(ナム・ソンウ)代表取締役は、「ヨーロッパとオーストラリア地域のお客様にハンファQセルズのブランドや製品を信頼して頂けることを誇りに思う」とし、「ハンファQセルズが太陽光市場で高性能・高品質企業の代表格となるよう、これからも地道に取り組んでいく」と述べた。

ハンファQセルズ、太陽光市場をリードする

今回ハンファQセルズが受賞したTop Brand PV Sealは、ハンファQセルズが太陽光技術やマーケットシェア部門で世界をリードする位置づけにあることを立証する。


  • ハンファQセルズのQ.ANTUM技術が適用された単結晶の太陽光モジュールQ.PEAK-G4.1製品は、太陽光システム企業を対象に行ったアンケ―ト調査の結果、Smart HIT Grand Prize 2017を受賞した。日本の貿易専門月刊誌「スマートハウスマガジン」は、太陽光製品のディストリビューターにQ.PEAK-G4.1モジュールが業界最高のエネルギー発電、保管・保存機能であると評価され、本賞が贈られたと伝えた。
  • 高出力・単結晶太陽光モジュールのQ.PEAK DUO-G5は、ハーフセル基盤の Q.ANTUM DUO技術が適用された製品で、2017年にSolar + Power Award for Excellence - Innovation賞を受賞した。
  • ハンファQセルズは、2017年のDNV GL PV Module Reliability Score Cardで、「Top Performer」として選ばれた。
  • ハンファQセルズのQ.PEAK RSF L-G4.2製品はスチールフレーム、分散型ジャンクションボックス、設置システムの簡易化といった新技術を搭載し、2017年にはIntersolar Award、PV Magazine Award for Top Innovation、Solar Power Portal Award for Innovationアワードを受賞した。

TOP BRAND PV: Seal 選定プロセス
EuPD研究院とリサーチ機関は、定期的なアンケート調査により世界中においてPVインストーラーの評価を把握し、モジュールブランドを選定する。また、太陽光インストーラーや仲介企業のブランド認識・ブランド管理・市場浸透率についての年間の多層分析に基づいてTOP BRAND PV Sealを授与する。

ハンファQセルズ

ハンファグループ内の太陽光関連企業2 社を統合し2015年2月にハンファQ セルズ(NASDAQ:HQCL)を設立。"Engineered in Germany"のブランドコンセプトのもと、ドイツのR&D本社から先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシアと中国にあり、2018年第1四半期時点でセル/モジュール生産能力は8GWを誇る。太陽光セル・モジュール・システムの開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/ja

EuPD持続可能な経営リサーチ有限会社

EuPD:持続可能な経営リサーチ有限会社は、専門の多言語インタビューセンターを通してB2B市場中心の国際リサーチサービスを提供する。EuPDはヨーロッパ、アジア、そしてアメリカの顧客企業を対象に定量・定性研究成果を提供する。市場への深い理解と方法論的な専門性を持つEuPDは、実質的で未来志向のビジネスソリューションを提供し、クライアントに満足度の高いリサーチサービスを提供する。特に、EuPDは再生エネルギーの中でも太陽光エネルギー市場について持続的なリサーチを行って専門性を蓄積してきた。

セーフハーバーポリシー

このプレスリリースは、改定された米国1933年証券法第27条Aおよび改定された米国1934年証券取引所法第21条Eの意味で、米国1995年民事証券訴訟改革法に定義される「将来予想に関する記述」に該当します。将来予想に関する記述は、「だろう」、「期待する」、「予想する」、「将来」、「意図する」、「計画する」、「考えられる」、「見積もる」などの語句や、類似の記述により特定できます。また、このプレスリリースでの管理部門の発言や、企業運営やビジネス展望にも将来予想に関する記述が含まれます。これらの記述は、実際の結果が将来予想に関する記述に記載された内容と大幅に異なる可能性のある一定のリスク及び不確実性を含んでいます。詳細については、米国証券取引委員会に提出済みのHanwha SolarOneの報告書(様式20-Fの年次報告書を含む)をご参照ください。当社は新たな情報、将来の事象、またはその他の結果に関わらず、法的な要求がない限り、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top