製品とサービス > 系列企業

ハンファランドシステム


ハンファランドシステムは、1983年防衛産業に進出し、地上兵器システムの開発・生産を通して、韓国軍の戦闘力の増強における中心的役割を果たしてきました。2015年からハンファグループのメンバーとなり、グループの防衛産業分野の中核系列会社として防衛関連部門の系列会社とのシナジーを高めています。2017年7月、ハンファテックウィンの民間・防衛産業事業の系列分離により、ハンファテックウィンの防衛関連事業本部から独立し、専門化された経営と競争力の強化を目指して、ハンファランドシステムとして新しく発足しました。


ハンファランドシステムは、子会社のハンファディフェンス、ハンファグループの防衛関連系列会社である㈱ハンファおよびハンファシステムとともに国内の防衛産業分野において売上トップの座を確保しています。1,000台以上のK55自走砲を生産した経験をもとに開発したK9自走砲は、圧倒的な火力と高い機動性および生存性により、世界最高の名品としての評価を得ています。K10弾薬運搬装甲車は、世界初の完全自動化制御システムを備えた弾薬供給装備であり、K9自走砲とパッケージで運用されます。また、105mm牽引りゅう弾砲を車両に搭載し、自動射撃統制システムを適用して開発されたK105HT車輪型自走砲は、新しいタイプの兵器体系です。

ハンファランドシステムは、長年にわたり大型国策課題を遂行しており、防衛産業分野において経験と技術を蓄積してきました。国防ロボット、遠隔射撃統制システムなど最先端の新製品開発に注力する一方で、優秀性が検証されたK9自走砲をトルコ、ポーランド、フィンランド、インドなど海外に輸出しています。ハンファランドシステムは、海外で優れた性能と技術力が認められ、グローバル防衛関連マーケット進出への橋頭堡を確保するなど、新たなマーケットを引き続き発掘しています。

ハンファランドシステムは、グローバル地上防衛システムのトップのプロバイダーを目指します。火力システム、無人・ロボットシステムのトータルソリューションや機動システム、エネルギー貯蔵システムの複合ソリューションの開発を通して、未来の戦場に適用できる最先端の技術を育成していきます。ハンファランドシステムは、最高の地上防衛産業の先導企業として、持続成長可能な創意的なプラットフォームソリューションを提供し、顧客中心の価値を創出することで、グローバル防衛産業の専門リーダーを目指し新たに飛躍して参ります。

詳細情報については、下記のリンクをご覧下さい:

関連系列企業

ハンファは、ケミカル・素材、機械・防衛産業、太陽光エネルギー、金融、サービス・レジャー、建設部門において事業を展開しています。数を増す世界各地の系列会社の統合を通して、持続可能性のパワーを動力に変え、引き続きさらなる価値をお客様にお届けできるよう良質な成長を目指します。

Back to top