㈱ハンファが航空宇宙製品のUTCエアロスペースシステムズ*の系列会社Claverham Limitedと特約に署名

㈱ハンファは、航空宇宙製品のUTCエアロスペースシステムズの系列会社Claverham Limitedと特約に署名した


[米国ノースカロライナ州、2015年3月10日] ㈱ハンファは、航空宇宙製品の製造分野で世界をリードするUTASグループの系列会社であるClaverham Ltdと、航空機油圧システムの輸出に関する長期特約を結びました。特約の署名は、㈱ハンファ機械部門のキム・ヨンチョル代表取締役出席のもと、2015年3月10日に米国シャーロットにて行われました。

今回の契約は、現在アクティブなプログラムと今後のプログラムの5,000万ドルに及び、さらに追加5,000万ドルの可能性へ含みをもちます。(オリジナル確認要)この長期特約(long-term agreement=“LTA”)は、二社の長期的関係の上に交わされ、さらに㈱ハンファの今後の成長に向けたチャンスともなると考えられています。

LTAの締結により、㈱ハンファは、B787(ボーイング)やAW139(アグスタウェストランド)、CH53K(シコルスキー)を含むグローバルプログラムにおいてUTASへ航空機油圧製品を供給する予定です。全てのプログラムが業界ベストセラーであるのをうけ、ハンファは数年内の成長を越えた、さらに長い軸でのビジネス成長を期待しています。(オリジナル確認要)

この新しい達成とともに㈱ハンファは、UTASとの関係をさらに深めることで、グローバルな航空宇宙ビジネスにおいて多角的な展開を計画しています。

UTASへ供給する航空機油圧システムのコンポーネントの一部


* UTASは、年間売上140億ドル(2014)を誇る世界有数の航空宇宙企業であり、先端技術を搭載した航空宇宙や防衛製品を供給する世界最大規模の企業の一つです。

詳細情報:

㈱ハンファ. コミュニケーションチーム
DS Kang, マネージャー
電話: (822)729 1607

㈱ハンファ

㈱ハンファは、1952年韓国火薬㈱という名で設立され、韓国の火薬及び基幹産業のリーダーとしてグループの基盤を整え、64年の歴史を経て、現在は火薬、防衛産業、貿易、機械の4事業部門を抱えたグローバル製造・貿易企業として成長しました。 ㈱ハンファ火薬部門は、1959年韓国で初めてダイナマイトの国産化に成功し、大韓民国の経済発展に大きく貢献し、安全かつ優秀な品質の産業用火薬と火工品を産業現場に供給しています。この蓄積された火薬技術を基盤に、火薬の原料事業や製造事業、そして応用事業を展開する一方、 2014年マイニングサービス(Mining Service)市場へ進出し、最高レベルの製品とサービスで、グローバルにおいてその立地を急速に拡大しています。現在、国内およびインドネシア、オーストラリアなどでマイニングサービスを運営し、既存の製造基盤の事業領域からサービス領域にまで事業分野を拡大し続けています。2015年にはオーストラリアのマイニングサービス企業の「LDE」社をM&Aしたことで、検証済みの品質と価格で新市場の開拓に拍車を掛けています。また、粒状硝酸アンモニウムの生産ラインを確保し、硝酸―硝酸アンモニウムー産業用火薬へと繋がる完全な垂直系列化を完成しました。これで韓国最高の火薬メーカーとしての位置づけを強化する一方、電子雷管の開発など高付加価値技術を強化し、将来の成長動力を確保しました。

詳細情報: www.hanwhacorp.co.kr/eng/index.jsp

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

Back to top