ハンファQセルズが年末までに1.5GWまで生産能力を拡大
  • - マレーシア生産サイトに204MWの追加セル建設をスケジュール通り完了
  • - マレーシアとドイツの生産設備での‘Manufacturing Excellence Initiatives’の実施で、2014年末までにさらに230MW を生産
  • - 2014年前半期、539MWを出荷し欧州No.1の太陽光発電プロバイダーとなる

[ドイツ タルハイム/マレーシア サイバージャヤ、2014年8月7日] ドイツに本社を置くハンファQセルズは、マレーシアの生産サイトに高性能ソーラーセルのための追加204MWの生産ラインを建設し完了した。それに加え、欧州最大手の太陽光発電プロバイダーは、生産能力を合計1.5GW以上へ拡大すると今日発表した。当社は、マレーシアとドイツの生産サイトで‘Manufacturing Excellence Initiatives’を開始し、今年末までに約230MWが追加生産能力として加えられる見込みだ。さらなる生産量の拡大で当社は、世界中で高まる高品質太陽電池パネルやソリューションへの需要を満たす狙いだ。

ハンファQセルズの2014年前半期出荷量は、前年比68%増の合計539MWに達し(2013年前半期:320MW)、欧州最大手の太陽光発電プロバイダーとしてその座を不動のものにした。最高経営責任者のチャールズ・キム氏は「ハンファQセルズは、太陽光発電の国際市場でこのポジションを維持し、さらに拡大を続けます。世界的に高まる高品質太陽光発電製品やソリューションへの需要の中で、世界的な生産能力をさらに増強していきます」と話した。

マレーシア:スケジュール通り新しい生産ラインを増強

マレーシア・サイバージャヤに位置する大量生産を担う当社の主要プラントでの204MWセル追加生産ラインの建設は、2014年1月に発表され、スケジュール通り2014年6月末に完了した。新設されたラインはすでに当社の主要なソーラーセルを製造し、現在フル活用されている。これをもって、当社の主要設備であるマレーシアの大量生産サイトの合計生産容量は1.1GWに達している。

‘Manufacturing Excellence Initiatives’

マレーシアの新設ラインに加え、ハンファQセルズはサイバージャヤ(マレーシア)とタルハイム(ドイツ)の生産サイトで‘Manufacturing Excellence Initiatives’を開始した。全ての生産ラインでサイクル回数を減らし処理量を増やすこの手法は、2014年末までに200MW以上をもたらす見込みだ。ハンファQセルズマレーシア管理部長のSJ・リュー氏は「生産能力の拡大と作業効率の向上を維持しながら高性能な製品を競争価格でお客様に提供することで、技術と品質のリーダーとして現在のポジションをさらに高めていきます」と話している。

同等のプログラムがドイツでも予定されており、それによってドイツでのセル生産能力を現在の200MWから今年末までに約230MWに引き上げる予定だ。タルハイムの本社において、ハンファQセルズはユニークな手法でイノーベーション・製造・品質管理を操作している。ハンファQセルズ最高執行責任者のアンドレア・ボン・ジッツェビッツ氏は「私たちの‘Manufacturing Excellence Initiatives’はタルハイムとサイバージャヤの両チームの緊密な協力のもと開発されました。それは研究開発から始まり、製造を続け、主要な優良製品をお客様に提供するハンファQセルズの姿勢の優位性を証明しているのです」とコメントしている。

詳細情報:

Hanwha Q CELLS GmbH
Sonnenallee 17-21
06766 Bitterfeld-Wolfen (OT Thalheim), Germany

コーポレートコミュニケーション
Jochen Endle, Robert Reinsch
電話: +49 (0)3494 6699 10121
Eメール: presse@q-cells.com

執行役員
Hee Cheul Kim (CEO), Kye Chun Son (CFO),
Dr. Andreas v. Zitzewitz (COO), Koo Yung Lee (CCO)

ハンファQセルズ

ハンファグループの2つの太陽光関連企業が合併し、2015 年2 月にハンファQセルズ(Hanwha Q CELLS、NASDAQ:HQCL)を発足。「Engineered in Germany」のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社の先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、ドイツにあり、セル生産能力は3.28GWで世界ナンバーワンである(2015 年2 月現在)。太陽光モジュール、システム開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など、太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/jp

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

Back to top