共同繁栄の経営

協力会社は家族であり、パートナーでもあるという認識をもとに、
協力会社の経営に役立つ共同成長の方策を実行しています。

  • 共同成長のための約束
    ハンファは、2009年から毎年約1,350社の中小規模の協力会社と「公正取引および共同成長協約」を締結し、誠実に実行しています。ハンファの発展に協力してきた協力会社がグローバル競争力を備えた強小企業として成長できるよう、またその功労を称えて発議されたこの協約は、中小協力企業の資金難を改善するための実質的な支援策や大手と中小企業間の共同成長、公正取引秩序の確立および中小企業の根本的な競争力強化のための提案が中心となっています。2011年10月には、協力企業に対する支援をはじめとして、環境にやさしい事業体系の定着やエコCSR事業の拡大など、共同発展のためのプロジェクトを策定し、毎年約1,400億ウォン規模の共生ファンドおよび約2,000億ウォン規模の共同成長プライベート・エクイティ・ファンド(PEF)を造成して運営しており、社会福祉公共施設に太陽光発電設備を無償で提供するなど、企業の社会的責任を果たしています。
  • 現場経営
    60年以上のハンファ歴史のルーツは「信用と誠実」というハンファ精神にあります。このような信頼をもとに協力企業のCEOとの懇談会を定期的に開催し、共同成長のためのコミュニケーションを続けています。特に㈱ハンファとハンファ建設は、「㈱ハンファ-協力会社の共同成長協議会」と「優秀協力企業懇談会」を長年続けており、事業への共同参加、技術・情報交流、契約履行保証免除など、協力企業と「共に遠くへ」というフィロソフィを実行に移しています。
  • 系列会社別の共同成長の方策
    グループの主の系列会社は、協力会社が技術および根本的な競争力を強化できるよう、業種および産業に特徴に見合った多様なプログラムを施行しています。㈱ハンファは、産業通商資源部が推進している「産業革新キャンペーン」に基金を提供し、計20社の協力企業の生産性革新コンサルタントおよび装備購入をサポートしました。ハンファケミカルは、大韓産業安全協会とのMOU締結を通して協力企業の安全管理および現場の工程に対する最適の改善策を提示し、協力企業の安全事故の予防や生産性向上に貢献しています。ハンファテックウィンは、協力企業の安全保険共同協力プログラムを通して協力企業の安全管理および環境改善を支援しており、ハンファシステムとハンファトタルは、協力企業を対象に品質教育および技術セミナーを開催しています。ハンファ建設は、中小協力企業の国内販路に対する支援および協力企業との海外共同進出を拡大しており、全国経済人連合会主管の「経営ドクター」に協力企業の参加を支援して、協力企業の競争力強化のために努力しています。ハンファ先端素材は、協力企業に設備投資の支援や主要装備の無償貸与、人材支援などを実施しています。サービス・レジャー部門における協力企業への支援も活発に行われています。ハンファホテル&リゾートは、約120の協力企業に対して衛生面の実地指導を実施しており、ハンファギャラリアは協力企業を対象に定期的に品評会を実施し、優秀企業の発掘や出店のチャンスを拡大しています。ハンファS&Cは、中小協力企業の役職員を育成するためにオンライン教育プログラム、IT集合教育およびIT情報刊行物の配布、技術セミナーなどを無料で実施しています。
  • 地域経済および強小企業支援のハブ
    ハンファは、2015年5月、忠南・天安(チュンナム・チョンアン)市に忠南創造経済革新センターをオープンして韓国の太陽光産業の発展を促す一方、グローバル中小企業の育成と農水産品のブランド化を主導しています。センターのオープンを機に、ハンファは忠清地域に太陽光ハブを構築し、農漁村地域の認知度の低い特産品を発掘して農漁民の所得拡大に貢献しています。また、技術とアイデアの優れた中小企業の海外進出をサポートするためのプラットフォームを構築し、成果を出しています。 特に「ドリームプラス」というプラグラムは、可能性の高いスタートアップ企業をサポートするハンファのオリジナルブランドです。海外進出を希望しているスタートアップ企業を対象に、現地訪問や事業の具体化、マーケティングおよび広報を支援するGEP(Global Expansion Program)は、韓国の優秀な中小ベンチャー企業の発掘と育成に貢献しています。 忠南創造経済革新センターは、オープンして1年目を迎えた2016年、 忠南・洪城郡(ホンソングン)沖のチュクドをエネルギー自立島として開発し、太陽光中小ベンチャー企業の研究活動や新製品開発をサポートする「瑞山(ソサン)ソーラーベンチャー団地」を竣工しました。地元の優秀な農水産特産品は、ギャラリアデパートのアルムドゥリ店舗やギャラリア免税店63に新たな販路を開拓し、センターで運営している「貿易ゾーン」を通して海外進出サポートの特典を受けた10社は、400万ドルの輸出を達成しています。
Back to top