ハンファ先端素材、ハイパーカーはもちろん多様な分野に活用できる複合材料を公開

  • 軽量かつ組立が簡単で耐久性にも優れた新しい車両用複合材料を使用したシートバック
フランス・パリで開かれた「JEC World 2018国際複合材料エキスポ」にて基調講演を行ったハンファ先端素材のコン・ヨンシクチーム長

フランス・パリで開かれた「JEC World 2018国際複合材料エキスポ」にて基調講演を行った
ハンファ先端素材のコン・ヨンシクチーム長

[2018年4月19日] ハンファ先端素材は、フランス・パリで開かれた「JEC World 2018国際複合材料エキスポ」にてSUV専用の新しいシートバックデザインを公開した。市販されているシートバックとは異なり、ハンファ先端素材の製品は、100%複合材料で作られており、スチールフレームを使用していないのが特徴である。

自動車素材事業部・設計チームのコン・ヨンシクチーム長は、「これまではスチールの使用量を減らすことしか考えていなかった」とし、「スチールフレームなしでも自動車用シートを生産することができるとは、誰も考えられなかっただろう」と語った。

スチールフレームのシートバックに比べて機能性が劣ることを予想し懐疑的だった来場客は、複合材料のシートバックが極めて厳しい安全性試験を優秀な成績でクリアしたことに驚きを示した。安全性のみならず、従来のスチールフレームのシートバックに比べて最大30%軽量であることに、さらなる驚きを示した。

完成車メーカーは、車体の重量を少しでも軽減するため、持続的な投資と研究開発を進めている。ハンファ先端素材が、品質と安全性を確保しながらも軽量化に成功できるということをこのシートバックで証明したことで、今後次世代のシートバックデザインに大きな変化がもたらされるものと期待される。

コン・ヨンシクチーム長は、「ガス、電気、ハイブリッドカーにかかわらず、軽量化ソリューションにより全体的な燃料消費を低減することができる」とし、「軽量化は、自動車業界では逆らえないトレンドの一つ」であると話した。

一部の完成車メーカーは、高性能車以外にも複合材料の使用を検討している。ハンファ先端素材は、このプロトタイプのシートバックにより複合材料の多様な分野への応用可能性を立証し、乗用車デザインの新たな可能性を広げたという評価を得た。

GMT(ガラスマット熱可塑性プラスチック)とLWRT(軽量強化熱可塑性プラスチック)のグローバルリーダーであるハンファ先端素材は、2019年までに複合材シートバックを量産する計画だ。本格生産が始まれば、年間60万台以上の複合材シートバックを生産できるものと見られる。コン・ヨンシクチーム長は、引き続き複合材料の研究開発を進め、自動車のみならず航空機など、多様な用途での使用を目指している。

コン・ヨンシクチーム長は、「人々はこれからも移動手段が必要であり、未来には、空飛ぶ自動車が新しい移動手段になるかもしれない」とし、「モビリティ技術の進歩とともに軽量化技術はこれからも成長する分野であり、複合材料を持続的に研究する必要がある」の述べた。

ハンファ先端素材

1965年に設立されたハンファ先端素材は、「人と環境の価値を守る先端素材技術企業」というビジョンの下、自動車軽量複合素材および成型部品事業、モバイルディスプレイ用高機能性フィルム事業、太陽光用高効率フィルム素材事業を展開しています。革新的なラインナップと技術力をもとに、韓国を始め米国、欧州、中国などで現地生産および研究開発システムを構築しており、グローバル市場での売上を伸ばし続けています。

詳細情報: www.hwam.co.kr/ch

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには61の系列会社と325の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。65年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top