コボット
HCR-5との
出会い:

信頼できる産業の
協力者

インダストリー4.0の到来とともに、製造業はパラダイムの転換を迎えている。こうした中、知能情報技術を基盤とする次世代工程システムであるスマートファクトリーを具現化するロボット産業に対する関心の高まりとともに、従来の「産業用ロボット」に比べ使い勝手が良く、より安価なコストでメンテナンスができ、工程の効率を最大化できる「協働ロボット」は、多品種少量生産工程に最も適したソリューションとして脚光を浴びている。

協働ロボットとは、ヒトとの直接的な相互作用を目的として設計された、近距離で作業者をサポートするロボットである。協働ロボットは、従来の単純に繰り返される退屈なプロセス、あるいは汚染および危険性のある工程に投入され、ヒトはより高付加価値のある作業に集中することで、ヒトとロボットが協業できる製造現場の具現化が徐々に実現されている。

特徴, 用途, 顧客
特徴 用途 顧客
協働ロボット 協働ロボット
  • -設置およびオペレーションが容易
  • - 一般人も容易に使用
  • - 単純な組立てなど退屈な繰り返されるプロセスに適合
  • -多品種少量生産の中小/中堅企業
産業用ロボット 産業用ロボット
  • - 速いスピード、複雑なオペレーション
  • - 専門家のみ使用可能
  • - 溶接や塗装など専門的で難しい工程に適合
  • - 大単位の工場で少品種大量生産をする大手企業

顧客価値を実現するハンファ精密機械の協働ロボット、HCR-5

HCR-5は、容易な設定、フレキシブルな配置、安全機能により、効率的な工程自動化を実現することができる。これらのメリットは、導入及びオペレーション費用の削減、生産柔軟性の向上、オペレーションの安定性の確保につながり、顧客企業のビジネスの成功に貢献している。

誰もが簡単に使用でき、作業者と相互補完し共存することができる協働ロボットHCR-5による革新を目前に控えている。ハンファ精密機械は、これからも顧客の生産環境への弛まぬ関心と努力で、優れた品質の製品とサービスを提供し、より快適で安全な産業現場の未来を築いていく計画である。

  • 直観的なSW GUI
    Easy(容易な設定)
    • - ロボット専門家でなくても簡単に設置、設定および操作
    • - モジュール型部品の使用で、故障時にも簡単に自己修理が可能
  • 初期投資費用30%削減
    Flexible (フレキシブルな配置)
    • - 軽量で狭いスペースでも操作可能なため、生産ラインを変更せず、様々な工程の作業に再配置可能
    • - 一つの制御器で2台のロボットを同時オペレーション可能
  • Safe (安全な協業)
    Safe (安全な協業)
    • - 事前に衝突を回避し、小さな衝撃でも感知すると自動停止するので、作業者は、安全保護装具なしでもロボットのすぐそばで作業が可能
    • - 射出、プレス加工などの危険性の高い工程や単純繰り返し作業をロボットが遂行するため、作業員の事故予防と生産効率性が向上
Back to top