精緻を極めた精密さ:自動化システムを通して成長するハンファエアロスペース


飛行機が離陸する前、「この飛行機は誰が作ったのだろう」という疑問を思い浮かべる搭乗客はほとんどいないでしょう。

その疑問に対する答えは、想像よりもはるかに複雑です。

大抵の人はボーイング社とエアバス社について耳にしたことがあると思います。

実は、これらの大手メーカーの背後には、飛行機が工場から滑走路へ着くまで、それを可能にする重要な部品やコンポーネントを製造する会社が多数あります。

ハンファエアロスペースは、 急速に成長し、航空宇宙産業のトッププレーヤーとしての地位を確立しています。 技術力と品質管理の厳格なオペレーションにより、グローバル航空機メーカーから信頼されています。

グローバルトップの航空機メーカーに信頼されるパートナー

ハンファエアロスペースは、グローバルビッグ3の航空機用エンジンメーカー(ジェネラル・エレクトリック(GE)、プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney)、ロールス・ロイス(Rolls-Royce)に30年以上部品を供給するサプライヤーでありパートナーでもあります。

プラット&ホイットニーは、2015年と2016年にハンファエアロスペースと強固な信頼関係を築き、リスクと収益分配プログラム(RSP)を締結しました。 GEとは、2019年に最新型のGE9Xエンジンの中核部品を供給する3億ドル規模の契約を締結しました。同年、ロールス・ロイスは、トップ10のサプライヤーの1つであるハンファエアロスペースとの関係を強化しました。現在、ロールス・ロイスの「Life of Engine Program」のメンバーであるハンファエアロスペースは、最先端の「Trentシリーズ」のタービンエンジンコンポーネントを提供していきます。

ハンファエアロスペースが品質と信頼性の評判を得た要因は何でしょうか。

その答えは、最高品質の航空機用エンジン部品を製造する人間の能力を高めるハンファエアロスペースの驚くべき自動化システムにあります。

未来に備えた自動化システム

航空宇宙産業で、エラーは許されません。そのため、ハンファエアロスペースは、韓国の昌原(チャンウォン)にある主力製造施設に、8540万ドルを投資して11,000m²のスマートファクトリーを建設しました。スマートファクトリーの自動化システムにより、ハンファエアロスペースの従業員は、より厳格な品質管理を提供するだけでなく、より効率的かつ正確に作業することができます。

昌原スマートファクトリーの高度な自動化は、ハンファエアロスペースが長期的な視点から投資した結果です。ハンファエアロスペースは、今後30年~40年間、最先端の生産能力を維持できるように努力しています。

広々とした明るいインテリアのスマートファクトリーは、ハンファエアロスペースの技術力のショーケースとして機能します。中には、内部で行われる作業のほとんどを処理する自動化システム装備が並んでいます。

ハンファエアロスペースの昌原スマートファクトリーで自動誘導車両が、エンジン部品をワークステーションに運んでいます

明るいオレンジ色の自動誘導車両(AGV)が床に沿って移動します。センサーとレーザートラッキングシステムを利用して倉庫から物資を持ち込み、ワークステーション間で部品を移動します。

また、別の場所では、ヒトの周りで安全に作動するロボットであるコボットや協業ロボットが働いてます。それぞれのロボットが、カットされたばかりの航空機エンジンコンポーネントで満たされたラックを体系的に処理し、それぞれを精密加工します。

常に正確性と一貫性を保持

ハンファエアロスペースの昌原スマートファクトリーのロボットアームは、ガスタービンエンジンの内部ケーシ
ングから余分な金属を正確に取り除きます

ハンファエアロスペースの昌原スマートファクトリーでは、フレキシブル・マニュファクチャリング・システム(FMS)を採用しています。 このシステムにより、センターでオペレーションし、全体的な品質管理を改善できます。

FMSは、スマートファクトリーのAGVや組立・研削・溶接を担当するロボットやコボットなど、80種類を超えるハイテク機器を監視および保守して、一貫した生産を保証します。

最も重要なことは、FMSは温度センサーの広範なアレイを用いて、24時間21℃の正確な内部温度を維持します。これは、航空機のエンジンコンポーネントを製造する際に不可欠です。昌原スマートファクトリーの内部温度のわずかな違いによって金属部品が反り、使用不能になる可能性があります。

「私たちが製造するコンポーネントは、1,400℃を超える高温で完璧に動作しな
ければなりません。あるコンポーネントの許容誤差は、わずか1ミクロンです。ちなみに、人の髪の毛の太さが30〜100ミクロンです。」

-ハンファエアロスペースのガム・サンギュン事業場長

ハンファエアロスペースのガム・サンギュン事業場長は、「私たちが製造するコンポーネントは、1,400℃を超える高温で完璧に動作しなければなりません。あるコンポーネントの許容誤差は1ミクロンです。ちなみに、人の髪の毛の太さが30〜100ミクロンです。」

また、ガム事業場長は、「FMSにより、スマートファクトリーで行われている作業を非常に正確に制御できます」とし、「内部温度が1度ずれるだけで金属が必要以上に膨張し、部品が正確にかみ合わなくなるためです。」

ハンファエアロスペースの昌原スマートファクトリーで製造されたガスタービンエンジンの内部ケーシングの3D
検査機による測定

データ分析により極大化される品質

ハンファエアロスペースの昌原スマートファクトリーでは、動作をさらに精緻化するために、デジタル・ツイン・モニタリングシステムを導入しました。デジタルツインは、オペレータが各ワークステーションのパフォーマンスと容量を追跡し、作業者の注意が必要な時に迅速に喚起できる、わかりやすいプラットフォームを提供します。

ほぼリアルタイムで、デジタルツインはIoTテクノロジーを使
って倉庫の在庫、各AGVの場所、生産中の各コンポーネント
の進行状況、および発生可能な欠陥をモニタリングします。
このデータは1秒間に20回以上更新されます。

デジタルツインは、IoTテクノロジーを使って、ほぼリアルタイムで、倉庫の在庫、各AGVの場所、生産中の各コンポーネントの進行状況、および発生可能な欠陥をモニタリングします。 このデータは1秒間に20回以上更新され、スマートファクトリーのコンピューターモニターに表示されます。

ハンファエアロスペースの生産部長であるナム・ヒョンウック常務は、「デジタルツインにより、スマートファクトリーで行われているすべてを見ることができます。」とし、「これに基づいて、デジタルツインの上にさらに分析AIシステムを開発し、製品の欠陥を見つけて事故を防ぐことができるようにします。」

「より高く」を目標に、「より遠く」へ成長

航空機の技術が進歩するにつれて、航空機に使用されるコンポーネントも進歩しなければなりません。ハンファエアロスペースは、テクノロジーの時代を先導し、航空宇宙産業での差別化を図っていきます。その一環として、他社のスマートファクトリーのベンチマークを行い、昌原で実施可能な革新技術を見つけるために、すでに世界中を飛び回っています。

ハンファエアロスペース

ハンファエアロスペースは、1977年、航空機用エンジン及びフィルムカメラ事業を土台に設立されました。設立以降、光学および映像技術、航空機用エンジン分野の基盤技術をもとに事業多角化を推進しています。また、すべての事業分野においてグローバルトップのオリジナル技術と応用技術を保有するハンファエアロスペースは、技術開発の専門性を確保、マーケットのニーズに迅速に対応しています。

詳細情報: www.hanwhaaerospace.com

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top