AIがもたらした保険業界の変化


[2018年2月22日] 第4次産業革命の到来とともに技術基盤の保険スタートアップ企業の登場によりインシュアテック(InsurTech)は、フィンテック(FinTech)分野で最も急成長する分野の一つである。既存の保険会社は、新しいツールに注目して、すばやくオペレーションを変更している。

Künstliche Intelligenz transformiert die Versicherungswirtschaft

一層新しく進歩したデータ分析システム

既存の保険会社は、予測モデルの構築と価格プランの設定に比較的少ない顧客サンプルを使用してきた。ところが今日の保険会社は、人工知能基盤の分析ツールの使用とクラウドコンピューティングへの転換でコンピューターの性能が改善されたことから、過去にくらべて大量のデータサンプルをより短い時間で分析することができるようになった。保険会社は、ビッグデータの分析とその他のツールを通してこれまで容易に感知することができなかったパターンを発見し、今後の推移を予測することができる。

新しい技術の登場により情報収集の方法も変わる見込みだ。自動車保険業界は、テレマティクスやリモートセンサーによるデータ収集で、運転習慣および交通、道路状況を追跡して顧客のプロファイルを作成する。健康保険分野では、顧客のフィットネストラッカーデータを用いて顧客の活性化程度を確認し、保険料を設定する。また、追跡データの変化推移をもとに顧客の保険料を変更するサービスも提供している。

保険加入の手続きも人工知能によって根本的に変化しつつある。保険会社は、オンラインで顧客情報へのアクセス許可を得ることができ、顧客が作成する書式を簡素化することができる。ウェブクローリングアルゴリズムは、ソーシャルメディアの投稿、写真、ビデオを通して、運動習慣や補完すべき習慣を追跡することができる。画像認識ツールは、写真を通して顧客の健康を測定する方法で、老化のスピードを測ることができる。

顧客満足度の極大化

人工知能は、人間が直接保険を申請し、損害賠償を請求する時間を大幅に軽減することから、大きな影響を与えるものと見られる。

保険会社の行政業務のほとんどはロボットによる自動化が可能である。人間は、顧客の加入書類やデータ入力のような単純繰返し作業ではなく、顧客のクレームや詐欺事件の調査など、より複雑な問題の処理に時間と労力を集中することができる。

人工知能は、すべての保険金請求手続きを人間の介入なしに瞬時に処理できる。人工知能基盤の請求システムは、簡単な損害賠償請求を処理している。顧客は、スマートフォンで撮影した前後の写真を提出した後、保険会社の機械学習および画像認識アルゴリズムによる評価のスタートボタンをクリックするだけで済む。この技術は非常に効率的であり、顧客の請求は数分、数秒内に処理される。これまでの最短記録は3秒である。

人工知能のおかげで、顧客は電話や電子メールによる問い合わせに時間を費やす必要がない。チャットボットは、スマートフォンのアプリを通して迅速に顧客の質問に対応することができる。また、人間による処理が必要な件は緊急表示をすることで、全社員の顧客応対の業務効率改善をサポートする。

より良い未来に向けて

人工知能がますます高度化することで、保険業界は顧客のニーズと対処方法をより深く理解し、説明することができるようになるだろう。より合理的で新しいサービスモデルは、既存の顧客を維持しながら肯定的な口コミで新規顧客の募集に貢献し、絶えず変化に適応しながらイノベーションを推進する保険会社は、引き続き成功を収めるだろう。


ハンファ生命と人工知能について詳細をみる

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top