スマートファクトリー、自動化の次は
知能化の時代: スマートファクトリー・
ハンファテックウィン


インダストリー4.0の時代とともにモノのインターネット(IoT)、ロボット、ビッグデータなどのICT技術が新しい流れをつくり出している。モノづくりを基盤としている企業は、「スマートファクトリー」に注目してその変化に対応しているが、高精度が求められるハンファテックウィンの航空機用エンジン部品工場でもスマートファクトリーを具現化している。

ハンファテックウィンは、グローバル3大航空機用エンジンメーカー(General Electric、Pratt & Whitney、Rolls-Royce)の戦略的パートナーとして、業界においてその技術力が認められている。品質および生産効率性の向上、そして製造方式の高付加価値化に向けてハンファテックウィンは、韓国の昌原(チャンウォン)にある航空機用エンジン部品の新工場をスマートファクトリー化している。

ハンファテックウィンは、韓国の昌原工場の生産ラインにICT技術を適用して全工程の75%を自動化、一部の工程は24時間無人生産が可能なスマートファクトリーを2020年までに完成する計画だ。

スマートファクトリーの具現化のためには、プラットフォームの構築が必要だ。スマートファクトリーのプラットフォームとは、アップルのiOSやグーグルのアンドロイドのように、システムを構築する骨組みのことである。

ハンファテックウィンは、2016年10月、同分野の先進企業であるGEとデジタル及び産業インターネット分野の業務協力のための了解覚書を締結し、GEの産業インターネットプラットフォーム技術を導入した。これをもとにハンファテックウィンは、全生産ラインに適用される独自のプラットフォームを開発するために新たな挑戦を準備している。

スマートファクトリーでは、徹底したトレーサビリティ管理によって作業のすべてを具体的に把握することができる。工程技術についてのビッグデータの分析で不良発生の原因を把握し、改善をリアルタイムで生産計画に反映できるので製品の不良率を低減し、均一な品質の製品生産が可能になる。

ビッグデータの分析により各工程の時間の予測や納期に合わせて作業スケジュールを調整できるので、納期を徹底して守ることができる。また、ハンファテックウィンは、エンジン部品工場で生産されるすべての製品にブルートゥースセンサーを付けている。モノのインターネット(IoT)で製品の流れを確認するセンサーを装着することで納期管理の効率性を改善できる。

ハンファテックウィン・スマートファクトリーは、「未来形」ではなく「現在進行形」である。ハンファテックウィンの製造・生産工程のノウハウに新たなデジタル技術がプラスされ、猛スピードでイノベーションを進めている。既存のソフトウェアのプラットフォームにハンファのオリジナル技術を反映してグローバルマーケットをリードする、新しいコンセプトのハンファテックウィン・スマートファクトリーに期待が集まる。

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top