ハンファ、平昌冬季五輪スポンサー協約

  • 開ㆍ閉幕式の花火イベントや聖火トーチ8千本を後援

ハンファ、平昌冬季五輪スポンサー協約

[2016年7月28日] ハンファグループは、2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開催成功のために、オフィシャルスポンサーとして支援することになった。

ハンファグループと平昌オリンピック組織委員会は、28日㈱ハンファのチェ・ヤンス代表取締役と平昌冬季オリンピック組織委員会のイ・ヒボム組織委員長ならびに関係者が参加した中、2018年平昌冬季オリンピックのオフィシャルスポンサーシップの協約を締結した。

ハンファグループは、2018年平昌冬季オリンピック組織委員会主催の各種行事の花火イベントやオリンピックの代表的なシンボルである聖火トーチ8,000本あまりを後援することになる。

ハンファグループの金昇淵(キム・スンヨン)会長は、協約式に先立って行われたイ・ヒボム平昌オリンピック組織委員長との懇談会で、「ハンファグループは、平昌冬季オリンピックが成功裏に開催されるよう積極的に支援する」と述べた。㈱ハンファのチェ・ヤンス代表取締役は、「1988年のソウルオリンピックに続き、2018年の平昌冬季オリンピックでも、ハンファグループが、オリンピックの代表的なシンボルである聖火トーチを提供することができ光栄である」と語った。

㈱ハンファ

㈱ハンファは、1952年韓国火薬㈱という名で設立され、韓国の火薬及び基幹産業のリーダーとしてグループの基盤を整え、64年の歴史を経て、現在は火薬、防衛産業、貿易、機械の4事業部門を抱えたグローバル製造・貿易企業として成長しました。 ㈱ハンファ火薬部門は、1959年韓国で初めてダイナマイトの国産化に成功し、大韓民国の経済発展に大きく貢献し、安全かつ優秀な品質の産業用火薬と火工品を産業現場に供給しています。この蓄積された火薬技術を基盤に、火薬の原料事業や製造事業、そして応用事業を展開する一方、 2014年マイニングサービス(Mining Service)市場へ進出し、最高レベルの製品とサービスで、グローバルにおいてその立地を急速に拡大しています。現在、国内およびインドネシア、オーストラリアなどでマイニングサービスを運営し、既存の製造基盤の事業領域からサービス領域にまで事業分野を拡大し続けています。2015年にはオーストラリアのマイニングサービス企業の「LDE」社をM&Aしたことで、検証済みの品質と価格で新市場の開拓に拍車を掛けています。また、粒状硝酸アンモニウムの生産ラインを確保し、硝酸―硝酸アンモニウムー産業用火薬へと繋がる完全な垂直系列化を完成しました。これで韓国最高の火薬メーカーとしての位置づけを強化する一方、電子雷管の開発など高付加価値技術を強化し、将来の成長動力を確保しました。

詳細情報: www.hanwhacorp.co.kr/eng/index.jsp

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには61の系列会社と258の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。65年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top