製品とサービス > 系列企業

ハンファ損害保険

ハンファ損害保険は、1946年に民族資本で設立された韓国初の損害保険会社で、2015年を基準に元受保険料5兆 7,427億ウォン、資産総額11兆8,024億ウォン規模の中堅保険会社として成長しました。国内損害保険産業発展の中心的役割を果たし、長期、自動車、一般保険など多様な商品ポートフォリオと先進化されたサービス制度を備え、顧客価値の増大に向けて努力しています。

Hanwha General Insurance


ハンファ損害保険は、消費者保護憲章を宣言し、すべての業務プロセスを顧客中心に標準化する一方、細部品質基準を設け、顧客価値中心の経営に取り組んでいます。サービス品質の向上を企業の戦略目標として設定し、顧客便宜を図るためのコールセンターの業務範囲を大幅拡大して「ワンコール(One Call)、ワンストップ(One stop)」システムを構築し、顧客への応対のみならず内部の営業社員の業務支援に至るまで業務領域を拡大するコールセンターの機能を進化させました。また、スマートフォンやタブレットPCのようなモバイルデバイスを活用した電子署名システムを保険業界では初めて導入し、モバイルアプリケーションサービスである「スマートインシュ」を顧客中心のサービスにリニューアルし、設置顧客数が10万人を超えました。ハンファ損害保険は、こうした多角的な顧客サービス品質改善によって国家機関が行う3大サービス品質認定(CCM認定、コールセンターサービスKS認定、韓国サービス品質優秀企業認定)をすべて獲得しました。

事業部門では、長期保険損害率の改善およびリスク基盤の管理システム構築、補償プロセスの高度化、高収益・高付加価値契約の増大などで堅調な成長が続いています。海外および代替投資などの安定的で多角化された資産運用戦略により、堅実な財務成長を実現しています。2016年の支払余力比率(RBC) 172.8%を維持しており、国際的な保険会社専門格付け機関であるA.M. Bestから「B++」、韓国の格付け機関の保険金支給能力の評価では「AA」を受けるなど、財務健全性と将来の成長可能性が高く評価されています。

ハンファ損害保険は、構成員の考え方から組織文化に至るまで、イノベーションの日常化を通じて組織の効率と生産性増大に取り組んでいます。経営全部門にわたって成果および効率指標を達成して「収益創出力が優秀な保険会社」として発展していく計画です。

関連系列企業

私たちのビジネスは、製造、建設、金融、サービス、レジャーの分野で展開を進めています。数を増す世界各地の系列会社の統合を通して、持続可能性のパワーを動力に変え、引き続きさらなる価値をお客様にお届けできるよう良質な成長を目指します。

Back to top