ハンファグループが「ハンファQセルズ」を設立

新たな相乗効果により、ハンファグループが世界第3位の太陽電池メーカーとしての地位を確立

独ビッターフェルト-ヴォルフェン -- 韓国の10大企業グループおよびフォーチュングローバル500企業の1社であり、製造・建設・金融・小売り・リゾート事業を手掛けるハンファグループは本日、「ハンファQセルズ」を設立しました。今回の設立をもって、世界最大級の太陽電池セルメーカーにして太陽電池大手の独ソーラー企業Qセルズの買収が完了となりました。ハンファQセルズは、ハンファソーラーワンから移籍し、最高経営責任者(CEO)に就任したチャールズ・キムが統括し、ハンファソーラーワンの社長には、ハンファグループのMin Su Kimがチャールズ・キムに代わって就任します。
ハンファQセルズの設立により、ハンファは規模が世界第3位の太陽電池メーカーとしての地位を確立しました。ハンファの2.3GWの製造能力は、ドイツ・マレーシア・中国に散らばることで、貿易上の制約を受けずに世界のあらゆる地域へ供給できるという競争上の優位性を獲得します。
ハンファQセルズのチャールズ・キムCEOは、次のように述べています。「Qセルズとハンファの相乗効果は、世界有数の太陽電池メーカーを迅速に構築する機会として類まれなものです。Qセルズの品質、技術革新、卓越性が、ハンファグループの資金源、製造面での専門知識、世界的な顧客ネットワークと相まって、世界最強の太陽電池メーカーの1社が生まれ、業界を新たな時代に導く態勢が整いました。」
ハンファQセルズの設立に先立ち、ハンファグループによる戦略的投資が行われました。この投資の目的は、太陽電池製品をシステムへと拡大し、LCOE(均等化発電原価)の低減、EPC(設計・調達・建設)、プロジェクト開発能力の観点で、先進的なセル技術からシステム最適化までの技術発展を加速させることでした。これらの戦略的投資には、クリスタル・ソーラー、1366テクノロジーズ、tenKsolar、サイレント・パワー、ワンルーフ・エナジーといった革新的企業が含まれています。また、ハンファグループは、開発・建設・運用・プロジェクト資金調達に及ぶ総合太陽光発電ソリューションを提供する企業として、2011年にハンファソーラーエナジーを設立したほか、最近では2012年4月に米国カリフォルニア州シリコンバレーに1000万ユーロを投じて先進的な研究開発センターを開設しました。ハンファQセルズの設立により、ハンファは世界中に4つの研究開発センターを抱えることになります。
ハンファソーラーワンCEO兼ハンファケミカル副会長のKi-Joon Hongは、次のように述べています。「60年にわたり産業界でリーダーシップを発揮してきた実績を有するハンファグループは、激動の世界経済におけるエネルギー問題に対処する上で、世界的リーダーとなるべく尽力しています。」
ハンファグループがQセルズから買収した資産は次の通りです。

- ドイツに所在する本社、研究開発センター、管理業務拠点
- ドイツにおける200 MWセルおよび120 MWモジュールの製造施設
- マレーシアの800 MWセル製造施設
- 米国、オーストラリア、日本の各現地法人
- 34件の特許
- 1225人の従業員

本日、ドイツのビッターフェルト-ヴォルフェンにて設立記念行事が開催されました。

詳細情報:

Hanwha SolarOne
John Xi, +86 21 385 215 21
PR & Advertising Manager
Eメール: john.xi@hanwha-solarone.com

Hanwha Q CELLS Corporate Communications
Jochen Endle
電話: +49 (0)3494 6699 10118
Eメール: j.endle@q-cells.com

ハンファQセルズ

ハンファグループの2つの太陽光関連企業が合併し、2015 年2 月にハンファQセルズ(Hanwha Q CELLS、NASDAQ:HQCL)を発足。「Engineered in Germany」のブランドコンセプトのもと、ドイツR&D本社の先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシア、中国、韓国、ドイツにあり、セル生産能力は3.28GWで世界ナンバーワンである(2015 年2 月現在)。太陽光モジュール、システム開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など、太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/jp

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne)

ハンファソーラーワン(Hanwha SolarOne Co., Ltd.、NASDAQ:HSOL)は、世界最大のソーラーセル製造企業であり、世界最大のソーラーモジュール製造企業の一つで、コスト競争力の高い高品質ソーラーモジュールを提供しています。当社は、ハンファグループのフラグシップカンパニーであり、韓国最大規模の会社の一つです。ハンファソーラーワンは、第三者販売店ネットワークの拡大やOEM生産、システムの統合を通して、公共事業、商業、政府、そして住宅の市場でビジネスを展開しています。当社は、グローバルビジネスネットワークをヨーロッパ、北米、アジア、南米、アフリカ、中東に広げ、世界で強い存在感を維持しています。持続可能な環境に対する責任をもつ企業として、ハンファソーラーワンは、太陽光発電システムの引き取りとリサイクルプログラムのアクティブメンバーとして活動しています。2014年12月8日、全株式取得によるハンファQセルズの買収を発表しましたが、取引は2015年第一四半期に完了する見込みです(この取引の全ての開示情報については、証券取引委員会(SEC)への過去の報告書をご覧下さい)。

詳細情報: investors.hanwha-solarone.com

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには56の系列会社と226の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。60年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを
彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

Back to top