太陽光発電、より身近なものに


一般的に太陽光発電といえば、適度に日が差す場所に太陽光モジュールを設置してクリーンエネルギーを生産する単純なものだと思われがちだ。

しかし、現実はそう簡単なものではない。

そもそも地球のすべての場所に年中一定に日が当たるわけではない。

太陽光がなくても大丈夫!


予測できない曇り天気と霧で有名なイギリスは、2050年までに太陽光発電を通して炭素排出量ゼロを達成するという目標を定めた。

これは実現可能な目標だろうか。

太陽からの放射エネルギーを利用すれば可能である。

ハンファQセルズの革新的な「Q.ANTUM」テクノロジーは、ロンドンのように予測不可能な曇りの日を含めて多様な環境において持続的にエネルギーを生産できる

ハンファQセルズの革新的なQ.ANTUMテクノロジーのような最先端の太陽電池は、 予測できない曇り天気と過酷な環境による影響を最小化しながら最大のエネルギーを持続的に生産できる。

ハンファQセルズのQ.ANTUMテクノロジーをした搭載した住宅用の「Q.PEAK DUO」太陽電池モジュールは、部分的に影が差しても十分な量のエネルギーを生産する。

「Q.PEAK DUO」の優れた技術力が認められ、ロンドンの住宅用太陽光プロジェクト「Solar Together London」へ同モジュールを供給する契約を締結し、ロンドンの5区の数百世帯および小企業に廉価なクリーンエネルギーを供給できるようになった。

既存の資源を最大限活用しよう!

イギリスのように日照量の少ない国もあれば、一年中日が射している国もある。例えば、オーストラリアは、50km X 50kmの大地と国土の0.03%に照らされる太陽放射熱だけで国全体に電力を供給できるほど太陽光が豊富な地域である。

しかし、太陽光の過剰には欠点もある。オーストラリアは、記録的な熱波で苦しんでおり、老朽化した従来のエネルギーグリッドでは、酷暑に苦しむオーストラリアの人々のエネルギー需要を満たすには力不足だ。このため、各世帯の管理費が急騰している状況である。

ところが、皮肉にも多くのオーストラリア人は問題の主な原因である太陽を使ってこの問題を解決しようとしている。

オーストラリアは、ハンファQセルズの「Q.HOME」システムのようなオールインワン太陽光ソリューションの導入によりオーストラリアの豊かな太陽光を活用する一方、老朽化したエネルギーグリッドの補完も可能になった

ハンファQセルズの「Q.HOME+」システムは、太陽光モジュール、インバーターやエネルギー貯蔵装置が搭載されたオールインワン・ソリューション・パッケージで、オーストラリアに最も適した設備である。Q.HOMEシステムは昼間に電力を生産し、残りの電力は蓄電池に貯蔵して夜間に使用できるように設計された。

太陽光モジュールが大きいからいいというわけではない!

では、どれほどのサイズが適度だろうか。モジュールをたくさん設置したほうが有利なのでは?でも、設置する場所が狭い場合は?

環境への関心が高い日本では、住宅に最適化された32セルおよび48セルの「Q.PEAK」住宅用モジュールを利用し、狭い場所にも設置が可能になった

日本は、政府の「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」に基づき、2020年まで建設される新規住宅の炭素排出を削減し、エネルギー収支をゼロにしなければならない。

カーボンニュートラルを達成する効率的な方法の一つは太陽エネルギーを使用することだが、日本での太陽光モジュールの設置は容易ではない。日本は住宅の規模が平均して小さいため、太陽光モジュールの標準サイズである60セルおよび72セルを 設置するのは、空間活用の面で効率的とはいえない。

その際、小型モジュールが解決策となる。ハンファQセルズは、日本の住宅に最適化された32セルと48セルの「Q.PEAK」住宅用太陽光モジュールを生産し、日本の住宅の屋根でのエネルギー生産を最大化して最適の性能を提供している。

現地化とカスタマイズ戦略がポイント!

太陽光エネルギーが大衆化するにつれ、人々は地球のいたるところに太陽熱が届いているわけではないということに気づいた。

ハンファQセルズのような太陽光エネルギーソリューション企業は、こうした限界を乗り越え、太陽光によるクリーンエネルギーを生産できるよう、地域の特性を考慮した多様な製品を開発する必要がある。

ハンファQセルズは、世界の太陽光エネルギーエキスポに参加するたびに、特定地域のニーズに最適化されたソリューションを発表している

また、急成長している太陽光エネルギー市場で成功するためには、顧客を設備に合わせるよりは、顧客に合わせたカスタマイズ製品を通して、高い満足度と効率性を実現することが求められる。

ハンファQセルズは、着実に革新的な製品を開発しており、世界の顧客にクリーンエネルギーとそのバリューを伝えるために日々取り組んでいる。

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top