世界の中のハンファ先端素材


1986年から自動車部品素材分野に進出したハンファ先端素材は、高強度・超軽量部品素材分野において
特化された技術力で、エコ・燃費改善に集中している自動車産業のグローバルトレンドに貢献してきました。

ハンファ先端素材は、グローバルネットワークを拡大し、グローバル自動車部品および素材企業としての
位置づけを固めています。


グローバル自動車市場の新しい生産拠点に進出するハンファ先端素材メキシコ

ハンファ先端素材は、2015年末、メキシコのモンテレイ・テクニカル・パークに生産ラインを構築し、
2016年5月からキア自動車の「フォルテ」に自動車用軽量化部品を本格的に供給しています。

ハンファ先端素材メキシコは、自動車生産の新たな重点基地であるメキシコで、自動車の最高品質を
完成しています。


ハンファ先端素材メキシコの高強度、超軽量製品

ハンファ先端素材メキシコの高強度、超軽量自動車部品は世界的な品質を誇ります。

1995年に商業生産を開始した「StrongLite(ストロングライト)」は、2009年から世界のGMT市場の7割を占める
ほど技術と品質が認められています。優れた結合力にスチール同様の強度ですが、重さは20~25%軽いため、
主に自動車向け衝撃吸収用バンパービームやシートの背もたれ部のスチールを代替しています。

ヘッドライナー、サンシェード、アンダーボディーシールドに使われている「SuperLite(スーパーライト)」は、グローバルナンバーワンの複合素材で、低重量、高強度と騒音吸収機能、同時トリミング成型に対応するという特長があります。

「BuffLite(バフライト)」もやはりハンファの先端技術による素材です。

ハンファ先端素材はこのように多様な自動車用軽量複合素材や部品を生産、供給しています。


世界に羽ばたくハンファ先端素材

ハンファ先端素材は、メキシコ・米国・中国・韓国・ドイツ・チェコに多角化された生産ラインとR&D
ネットワークを構築しています。

ハンファ先端素材は、グローバルネットワークと特化された技術力をもとに、「自動車用軽量化素材および
部品のグローバルリーダー」というビジョンの実現を目指して前進しています。

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top