製品とサービス > 系列企業

ハンファ都市開発

ハンファ都市開発は、2001年に設立されて以来、民間主導の複合産業団地開発の先頭に立つ企業として注目され始めました。

Hanwha City Development


大徳(デドク)テクノバレー造成事業を成功裏に遂行し、ハンファ都市開発が相次いで開発に成功した牙山(アサン)テクノバレー(298万 4,000m2、約300社入居、8,000世帯の住居団地)と瑞山(ソサン)テクノバレー(199万4,000m2、約200社入居、6,000世帯の住居団地)、金海(キムへ)テクノバレー(152万2,000m2、約200社入居、2016年事業完了予定)および京畿華城(キョンキ・ファソン)バイオバレー(174万5,000m2、約200社入居、2016年事業完了予定)は、模範的な地域開発のモデルとして評価され、多数の地方自治体のベンチマーキングの対象となっています。

これをもとに2015年龍仁(ヨンイン)テクノバレー事業に新たに進出、最先端の融複合産業とR&Dが調和を成す未来型の産業団地を造成しています。2018年に完了予定の龍仁(ヨンイン)テクノバレーは、首都圏南部の産業ベルトの中心拠点としての成長が期待されます。

関連系列企業

ハンファは、ケミカル・素材、機械・防衛産業、太陽光エネルギー、金融、サービス・レジャー、建設部門において事業を展開しています。数を増す世界各地の系列会社の統合を通して、持続可能性のパワーを動力に変え、引き続きさらなる価値をお客様にお届けできるよう良質な成長を目指します。

Back to top