ハンファトタル:持続可能な成長のリーダー

  • ハンファトタル:持続可能な成長のリーダー

  • ハンファトタルは、300億ウォン規模の3カ年スマートプラントプロジェクトを進めている。

    [2018年3月22日] 2019年に完成する予定のスマートプラントには数千個のセンサーが設置され、このセンサーにより生産ラインのチェック、不具合の発見、そして工場の物流システムのモニタリングが可能となる。

  • ハンファトタルは、作業員が継続して安全にコミュニケーションできる防爆スマートフォンを韓国で初めて導入した。
  • デスクトップではなくスマートフォンで主な物流システムとプロセスを直接管理できるハンファトタルのスマートオーダーシステムは、社員の業務効率を高めている。
  • ハンファトタルは、エネルギー効率と持続可能な環境分野を先導するグローバルリーダーである。ハンファトタルのエネルギー最適化管理システム(EMOS)は、エネルギー使用量をリアルタイムでモニタリングして最適化を図ることができる。

    エネルギー最適化システム(EMOS)は、ハンファトタルのスマートプラントの主な特徴のひとつである。エネルギー最適化システムによって必要に応じてエネルギー使用量を調節し、トータルのエネルギー使用量と温室効果ガスの排出量を削減できる。

  • ハンファトタルは、工場のエネルギーコストの年間約2~4%削減を目指して、より精緻かつ環境にやさしい持続可能な生産技術の開発のみならず、廃棄物の削減や副産物のリサイクルにも積極的に取り組んで行く。
  • ハンファトタルの安全保健環境品質(SHEQ)方針にしたがって世界最高の保健・安全基準を守っており、安全第一の労働文化を一層強化している。
  • ハンファトタルは、安全・保健・環境・品質全般にわたる経営システムにおいて、国際標準認証機関であるDNV GLの国際安全レベル審査(ISRS)評価で、韓国で初めてレベル8として認められた。

    ハンファトタルは、DNV GLの国際安全レベル審査評価で現行最高レベルのISRSレベル8として評価された唯一の企業である。今後もハンファトタルは、最高レベルのISRSレベル9とレベル10を世界で初めて達成するため継続して取り組んでいく。

  • 韓国を代表する企業のハンファトタルは、プラントオペレーションと高品質の石油化学製品の国際標準をつくっている。

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには61の系列会社と325の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。65年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top