よりスマートに:AI対応監視カメラでセキュリティと業務効率性をアップ

AI監視カメラは、非常に混雑した場所でも個々の対象および属性を追跡できます

都心部は、ますます混雑し、通りは絶えず行き来する歩行者と車で溢れています。人口増加とともに、都市はますます複雑になるでしょう。

このような問題を解決する方法は、果たしてあるのでしょうか。

その答えは人工知能(AI)にあります。

あらゆる行動を追跡するAIカメラ

Hotels are already embracing technology to maximize guest comfort

AI監視カメラは、多様な対象と属性を区別することができます

都市の多くの通りには監視カメラが設置されています。これらのカメラは、交通パターンをモニタリングし、事故を検知し、道路の交通秩序を保つために使われています。

ところが、都市の成長とともに、監視カメラが収集する情報は人間がオペレーションすることができないほどにまで増えました。これらの情報を、現在は監視カメラのオペレーションシステムに搭載されたAIアルゴリズムによって、効率よく管理することができるようになりました。

最も基本的なレベルでは、AI監視カメラは画像認識を使用して対象物を「人」、「顔」、「自動車」、「ナンバープレート」などの広範囲なカテゴリーに区別することができます。

THE PLAZA Seoul provides its guests with wireless connectivity, concierge services, and in-room automation via a handy Smartphone.

ハンファテックウィンの「ワイズネットPシリーズ」のAIカメラは、AIアルゴリズムを活用して対象の属性を区分します

さらに進化したレベルでは、カメラのAIアルゴリズムにより、対象物の多様な属性を迅速かつ正確に識別することができます。例えば、ハンファテックウィンの最新の「ワイズネットPシリーズ」AIカメラは、AIアルゴリズムを利用して人を認識すると同時に、着ている服の色も検出することができます。また、眼鏡をかけているとか、カバンを持っているなども区別することができます。このような属性は、映像とともにメタデータとして保存されます。

この画像認識機能とメタデータ保存は、映像を調べる必要があるときに大変効率的に使われます。群衆の中の一人を見つけるために映像を手動で解析するのではなく、必要な属性と時間枠を入力します。セキュリティシステムは、ビデオ管理ソフトウェア(ワイズネットSSM)を使って、メタデータを解析し検索クエリに一致する結果を素早く探し出します。

監視だけでなく店舗管理も

AI監視カメラは、リテール店舗の監視にも有効です。

店舗向け監視カメラは、盗難を発見し防止するために長い間使われてきました。オーナーは、AI監視カメラをハンファテックウィンの「ワイズネット・リテール・インサイト」というソリューションと組み合わせて使うことで、店舗内の状況を詳細に把握するこができます。

スマートシティ管理と同様、AI監視カメラは、顧客の人口統計情報を分析することができます。カメラのAIアルゴリズムは、数百万枚の写真を分析し、人間とほぼ同じ正確さで対象の属性を正確に識別できるよう設計されています。このように設計されたアルゴリズムは、多様な性別と年齢の顧客が店を訪問する頻度や訴求する商品の情報を提供します。収集された情報により意思決定をすることで、ショッピングトレンドに適した店舗の管理や売上の拡大につなげることができます。

Welcome to the hotel of tomorrow, today

「ワイズネット・リテール・インサイト」は、AI監視カメラが対象物を解析し、活用度の高いビジネス情報を提供します

これは様々な方式で活用できます。アパレル販売業者は、売り場の入り口にカメラを設置し、営業時間内の来店客数を確認することができます。さらに、時間帯別に分析することで、その日、来店客がもっとも多かった時間帯を確認できます。また、顧客が多すぎるまたは少なすぎる時間帯やその理由の確認にも役立ちます。

アパレル売り場で監視カメラが録画した映像は、どのラックがもっとも人気があるか確認する顧客ヒートマップの製作にも活用できます。さらに、ヒートマップを通して、特定の製品を好む人口統計や特定のラックの売り上げが伸びるかどうかなども確認することができます。これらの情報を利用して、店舗の商品配置のレイアウトを変更すれば、ターゲット顧客によりアピールすることができるでしょう。

AI監視カメラは、効率的な従業員の配置にも活用されます。カメラと管理ソフトウェアは、管理者が店舗内のサポートが必要な場所を確認できるよう支援します。これにより、従業員の位置を変更し、顧客によりよいサービスを提供することができます。

ハンファテックウィンは、ワイズネットカメラにディープラーニングを適用させるため、新しいチップセットを開発しています。

すでにAIによって可能になった洞察は、ビデオ監視システムの運用を変えています。 店舗でも路上でも、AI監視カメラは混雑した環境を監視し、人間の介入を必要とする事故を迅速に識別して、対応時間を短縮します。 ハンファテックウィンは、都市をより安全にし、業務を改善するために、最先端の技術とR&Dに力を入れ、AI監視カメラの改良を目指して邁進します。

ハンファテックウィン

ハンファテックウィンは、高性能監視カメラ、保存装置や統合管理ソフトウェアにいたるフルラインナップを備え、各分野に最適のセキュリティソリューションを提供しています。30年以上蓄積してきた光学および映像処理分野の最高の技術力をもとに、多様な顧客ニーズに対応する製品ラインナップは勿論、住居および産業のパラダイムシフトにともなう先行技術を研究することで、グローバルトップレベルの地位を確保しています。現在、韓国、中国、ベトナムの生産拠点では年間270万台以上の映像監視装備を生産しており、欧州、米州、中東、中国、アジアなどにサービスネットワークを構築、海外での売上げは全体の76%を占めています。

詳細情報: www.hanwhatechwin.com

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top