ハンファQセルズジャパン、PV EXPO 2018に出展、Q.PEAK DUOモジュール・Q.HOMEを初公開

  • Q.PEAK DUO太陽光モジュールとQ.HOME太陽光システムなど住宅用の持続可能なエネルギーソリューションを提供
  • Qセルズの技術で設置コストと均等化発電原価を削減し、高出力・高効率を実現
PV EXPO 2018のハンファQセルズジャパンのブースイメージ図

PV EXPO 2018のハンファQセルズジャパンのブースイメージ図

[2018年3月2日] ハンファQセルズジャパンは、2月28日から3月2日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「PV EXPO 2018」に出展し、「Q.PEAK DUOテクノロジー」を搭載した太陽電池モジュールとハイブリッド蓄電システムを初公開する。

PV EXPOは、約1,600社が出展し、7万人が来場する太陽光発電に関する日本最大規模の展示会であり、世界で最も影響力のある太陽光発電関連展示会の一つである。ハンファQセルズジャパンは、最大規模のブースを設置して多様な住宅用太陽光発電製品を紹介する予定だ。

持続可能なライフスタイルの実現

PV EXPO 2018で紹介されたハンファQセルズジャパンのQ.PEAK DUO

PV EXPO 2018で紹介されたハンファQセルズジャパンのQ.PEAK DUO

Qセルズの「Q.ANTUM DUOテクノロジー」を搭載した新製品「Q.PEAK DUO」は、既存の6本バスバー セルを半分にしたハーフセル技術を基盤に開発され、日本の住宅マーケットをターゲットにした効率性と経済性を兼ね備えた商品であり、高い発電力で均等化発電原価を低減する。

また、ハンファQセルズジャパンは、Qセルズブランド初の住宅用ハイブリッド蓄電システム「HQJB-Aシリーズ」を今回初公開する。住宅市場向けの「HQJB-Aシリーズ」は、消費者のニーズに合わせてエネルギー使用量を直接モニタリングし、調整することができる。ハンファQセルズジャパンは、このようなエネルギー制御機能が日本の消費者にアピールし、持続可能で新たなエネルギーライフソリューションを提供するものと期待している。

PV EXPO2018において、住宅用太陽光ソリューションの「Q.HOME」も披露する。太陽光電池モジュール、インバーター、バッテリーからなる「Q.HOME」は、住宅用太陽光エネルギーソリューションの需要が増している日本に適した製品である。日本政府は、2020年から政府政策の一環として、新築住宅において再生可能エネルギーで発電した電力を自家消費し、エネルギー消費を「0」とする「ゼロエネルギー住宅」の建設を拡大していく方針であることから、太陽光エネルギーソリューションの需要はさらに増える見込みだ。

また、ハンファQセルズジャパンは、住宅用のみならず産業用・大型発電ソリューションも紹介する予定であり、Qセルズジャパンのイメージキャラクターを務める女優を招き、製品についてのトークショーや各種のイベントを行う。昨年もテレビCMに同女優を起用したハンファQセルズジャパンは、今回の展示会で、Qセルズ新製品の紹介や技術の強みを説明するプレゼンテーションも計画している。

より良い未来を示す

ハンファQセルズジャパンは2016年に日本の太陽光市場で2位にランクされ、1月には住宅建築商材とエネルギー危機やZEH住宅に関する専門誌「月間SmartHouse」が主要な卸・商社から高い評価を得た環境貢献商材をランキングする「Smart HIT 大賞2017」の太陽光発電システム部門において、最も人気を博した商材として太陽電池モジュール「Q.PEAK-G4.1」が第1位を受賞した。

㈱ハンファQセルズの南晟宇(ナム・ソンウ)代表取締役は、「ハンファQセルズは、これからも日本の住宅用太陽光市場向けの多様な新製品を開発する計画だ」とし、「グローバルナンバーワンの太陽光エネルギー企業にふさわしく、日本のメガソーラーマーケットから住宅用マーケットに至るまでトップレベルを維持するために努力する」と述べた。

ハンファQセルズ

ハンファグループ内の太陽光関連企業2 社を統合し2015年2月にハンファQ セルズ(NASDAQ:HQCL)を設立。"Engineered in Germany"のブランドコンセプトのもと、ドイツのR&D本社から先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシアと中国にあり、2018年第1四半期時点でセル/モジュール生産能力は8GWを誇る。太陽光セル・モジュール・システムの開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/ja

セーフハーバーポリシー

このプレスリリースは、改定された米国1933年証券法第27条Aおよび改定された米国1934年証券取引所法第21条Eの意味で、米国1995年民事証券訴訟改革法に定義される「将来予想に関する記述」に該当します。将来予想に関する記述は、「だろう」、「期待する」、「予想する」、「将来」、「意図する」、「計画する」、「考えられる」、「見積もる」などの語句や、類似の記述により特定できます。また、このプレスリリースでの管理部門の発言や、企業運営やビジネス展望にも将来予想に関する記述が含まれます。これらの記述は、実際の結果が将来予想に関する記述に記載された内容と大幅に異なる可能性のある一定のリスク及び不確実性を含んでいます。詳細については、米国証券取引委員会に提出済みのHanwha SolarOneの報告書(様式20-Fの年次報告書を含む)をご参照ください。当社は新たな情報、将来の事象、またはその他の結果に関わらず、法的な要求がない限り、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top