ハンファQセルズが800メガワットのモジュール工場を建設

  • マレーシアサイバージャヤの大量生産に対応するメイン拠点に
    4つのモジュール生産ラインを含む新しい建物を建設
  • 建設は2015年初めから開始し、2016年初めに完了する
  • ハンファQセルズは成長への道を歩み続ける


[ドイツ タルハイム / マレーシアサイバージャヤ、2014年10月29日] ドイツに本社を置くハンファQセルズは、マレーシア サイバージャヤの既存サイトに新たな大規模モジュール工場を建設することを今日発表した。新しい施設では4つの生産ラインと自動化装置を備え、合計容量800メガワット(MW)の高性能モジュールを生産する。現在のセル生産の容量拡大に続く新しいモジュール生産への投資は、ハンファQセルズの堅実な成長と上向きのビジネス展望を再度明らかにしている。欧州最大手の太陽光発電プロバイダーは、このセル容量と生産ボリュームの拡大の中で、出荷状況に応じてモジュール生産の容量を調整していく。なお、投資額については開示されていない。

ハンファQセルズは、今年末までに合計生産容量を1.5GW以上に引き上げることを8月に発表している。ハンファQセルズは着実にビジネスを拡大させており、2014年の出荷量は1~1.2GWを見込み、年次決算ではプラス成長が期待される。なお、歳入と利益に関する具体的な数字は開示されていない。

太陽光発電の国際市場で業界をリードする企業の一員となるための次なるステップ

ハンファQセルズ最高経営責任者のチャールズ・キム(Charles Kim)氏は、次のように話した。「マレーシアの拠点に800MWのモジュール施設を建設することによって、ハンファQセルズは太陽光発電の分野で世界を牽引する企業の一員となるための次なるステップへ進みます。新しい施設は、私たちのお客様からの高まる需要にお応えし、業界での位置をさらに強めるものとなるでしょう。私たちはドイツで設計された高品質のモジュールとその適用性、総合的な発電設備、そして長期パートナーシップと財政面での安定を提供します。

サイバージャヤでのモジュール生産施設の建設は、2015年初めから始まる予定だ。ハンファQセルズは並行して生産装置の搬入を開始する。新しい生産ラインは、2015年第3四半期のテスト生産に向け準備され、本格稼働は2016年初めを目指している。

ドイツの工学技術と国際的な大量生産能力の融合をさらに強化

「サイバージャヤでの新しいモジュールの製造は、当社の研究開発と大量生産能力を国際的に確立するための必然的なステップと言えます」と、最高経営責任者のチャールズ・キム氏は話した。内部での取り組みと同時に全体的なモジュール生産の容量を増やしていくことで、ハンファQセルズはドイツの工学技術と、国際大量生産の競争力と柔軟性によってもたらされる品質の融合をさらに強化していく。さらに、ハンファQセルズマレーシア管理部長のソン・チョ・リュ氏は「ハンファQセルズマレーシアがメインハブとなり、競争価格の高品質ソーラーセルとモジュールを持続的に大量生産していくための準備は万全に整っています」と、加えた。セルとモジュールを一つの生産サイトで製造することで、当社は生産サイクルを最大限に上げ、さらに低い物流コストを可能にしていく。

マレーシアでの新しいモジュール製造の計画・建設・拡大は、各拠点や国、そして社内部署を越えた継続的なチーム努力の上に成り立っている。ハンファQセルズの最高執行責任者アンドレア・ボン・ジッツェビッツ氏は「タルハイムとサイバージャヤの両チームが密接に協力し合い、この当社にとっての一大プロジェクトを実現させるでしょう」と、コメントしている。

詳細情報:

ハンファQセルズ有限責任会社
Sonnenallee 17-21
06766 Bitterfeld-Wolfen (OT Thalheim), Germany

コーポレートコミュニケーション
Jochen Endle, Robert Reinsch
電話: +49 (0)3494 6699 10121
Eメール: presse@q-cells.com

執行役員
Hee Cheul Kim (CEO), Kye Chun Son (CFO),
Dr. Andreas von Zitzewitz (COO), Koo Yung Lee (CCO)

ハンファQセルズ

ハンファグループ内の太陽光関連企業2 社を統合し2015年2月にハンファQ セルズ(NASDAQ:HQCL)を設立。"Engineered in Germany"のブランドコンセプトのもと、ドイツのR&D本社から先進的な技術や革新的な研究開発をグローバルに展開するとともに、ハンファグループのネットワークを活かし、欧州、北米、アジア、南米、アフリカ、中東諸国でビジネスを展開している。生産施設はマレーシアと中国にあり、2018年第1四半期時点でセル/モジュール生産能力は8GWを誇る。太陽光セル・モジュール・システムの開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供している。

詳細情報: www.hanwha-qcells.com/ja/qcells-office

ハンファグループ(Hanwha Group)

1952年に設立されたハンファグループは、韓国トップ10の大企業の一つであり、「フォーチュン・グローバル500」 企業にも選ばれています。ハンファグループには61の系列会社と325の海外ネットワークがあり、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの部門でビジネスを展開しています。65年以上に渡って業界をリードしているハンファの製造・建設ビジネスは、基礎化学や応用材料から、不動産開発や太陽エネルギーの総合ソリューションまで幅広い分野に及びます。金融部門では銀行、保険、資産運用、警備サービスを提供し、韓国第2の非銀行系金融グループとして位置しています。ノンバンク金融部門では韓国第2のグループサービス・レジャー部門ではリテールやリゾートビジネスをはじめとし、上質なライフスタイルを彩るサービスを提供しています。

詳細情報: www.hanwha.com

newsletter search

ニュースレターの配信登録

ハンファの革新と達成についてお届けするニュースレターにお申し込み下さい。

メールアドレスのご入力は、
利用規約に 同意することを意味します。

お問合せ

ご利用いただきましてありがとうございます。
ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せ

情報メッセージ

Eメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

正しいEメールアドレスを入力して下さい。

情報メッセージ

ニュースレターへの配信登録をしていただきありがとうございました。
あなたのEメールアカウントは正常に登録されました。

Back to top